にゅーぶろ!

「にゅーぶろ!」は最新のニュースや
ちょっと笑えるネタを主にまとめています。
暇つぶし程度や仲間内での話のネタにいかがでしょうか
ぜひお気に入りの記事を探してみてください。
また、ちょっとでも喜んでいただけたならTwitterの
フォローよろしくお願いいたします。

カテゴリ: 音楽・楽器


中高生を中心に爆発的にヒットしている動画アプリTikTok」。しかし人気の裏では、未成年ユーザーへのナンパや、「下着が見える動画」などと再編集される問題が出てきている。しかも被害者は低年齢化しており、小学生の例も少なくない。ITジャーナリスト高橋子氏は「保護者の導が必要だ」と警鐘を鳴らす――。

■世界1位を記録した「口パク動画」共有アプリ

子どもが『TikTokティックトック)』に動画投稿していたので叱った」という小6女子母親がいる。

CMで見て興味を持って、人気小学生ユーザーに憧れて真似したみたい。音楽に合わせて踊る動画投稿していて、数人だけどファンもついていたので驚いた」(小6女子母親

かわいいね」などのコメントが寄せられているのを見て、くなったそうだ。こうした小学生動画投稿は決してしくない。筆者の取材では、最も若くて小学1年生TikTok動画投稿している、という例もあった。

TikTokとは、中国発のリップシンク(口パク)動画共有アプリだ。最大のポイントは「音楽に合わせた動画投稿する」という点。撮影時間は最大で15。高速再生されたヒット曲にあわせて、ダンスやリップシンク動画アップロードする人が多い。日本では、野性爆弾くっきーさんと黒木麗奈さんが登場するテレビCMが放映されており、中高生を中心に爆発的に広がりつつある。


App Annie調べによると、2018年5月時点でTikTok世界ダウンロード1位になり、アクティブユーザー数(MAU)でも1億人を突破するなど、世界的に注を集めている。ブルーバーグによると、運営元である中国バイトダンス社の企業価値は750億ドル(約8兆5000億円)だという。最近ではエイベックスとの包括的なライセンスで提携。同社の保有する楽曲を自由に使用できるようになることで、日本での利用もさらに加速しそうだ。

■「みんなと同じ」を投稿しやすいTikTok

人気背景には、「の決まった動画投稿」の流行がある。元々若者の世界同調圧力が強く、「みんなと同じこと」をしたがるものだ。SNS上では行動が可視化されるため、この傾向が加速しやすい。

最近では、音楽コミュニティアプリnana」で、「演技力じゃがりこ面接」というものが流行した。「うれしくて」「悲しくて」といったさまざまなシチュエーションに合わせて「じゃがりこ」という単を話すというものだ。

またカメラアプリSNOW」では、自撮りクマフィルターをかけ、音楽に合わせて動く「あっちのクマもこっちクマも」という動画が流行した。

いずれの例も、なにか新しい「」がウケると、ユーザーたちが次々とまったく同じ「」を真似するという特徴がある。若者たちはとにかく「みんなと同じこと」をしたいのだ。

そうした状況で、TikTok人気を集めやすい環境が整っていた。投稿ハードルが非常に低いのだ。これまでの動画投稿サービス人気だったのは、「踊ってみた」といわれる複雑なダンス真似するものだった。だがTikTokでは上半身だけ、しかも極端にシンプルな振り付けでも見映えがする。

たとえば、「効果」のスタンプオンにすると、画面にが振り、手を開くと粒が止まって見える。これを利用した、手のひらを左右交互に開いて突き出すだけというあまりにシンプルな振り付けの動画が多数投稿されている。

オリジナリティめられず、流行している振り付けをそのまま使えばいいので、ネタにも事欠かない。撮影速度スロー倍速などに変えられるので、動きについていけないこともない。

■「35年前の曲」が突然ランキング1位に

TikTokで流行中の音楽は独特だ。今年のからにかけて、倖田來未さんの「め組のひと」に合わせて踊る動画が流行した。倖田さんのカバーが発売されたのは2010年ラッツ&スター原曲を発売したのは35年前の1983年だ。「曲が新しいか、古いか」という点はほとんど関係がない。ユーザーにとって重要なのは、15という単位で使いやすいかどうかなのだ。

その結果、「め組のひと」の音ヒットするという現も起きた。音楽配信サービスApple Music」のミュージックビデオデイリーランキング2位、「LINE MUSIC」のデイリーランキング1位6月24日付)にこの曲がランクインした。

■コメント欄で“ナンパ”の事例も

TikTokでは、制服姿の女子中高生が学校内で撮影したような動画が多数見つかる。彼女たちは学校特定されることは全く意に介していないようだ。それだけでなく、小中学生による投稿はかなりの数に上る。TikTokでフォロワー数トップのHinataちゃんという小学生女児人気が出たこともあり、冒頭で紹介した通り、動画投稿している小学生女児は増加する一方だ。

その中には、メイクをして女子高生と同じダンスをしている子、数十万人のファンがいる子がいる。さらに、TwitterID開してメッセージを受け付けている子、コメント欄で住所や学校名を聞かれたり、「会いたいオフ会しよう」などとナンパされている子も見かける。多くの子は「有名になりたい」「人気になりたい」と書き込み、ファンに「ありがとう」とお礼コメントを付けて交流している。TikTokではかわいい女の子というだけで人気が出やすくなっているので、ちやほやされたい少女たちが動画を多数投稿しているというわけだ。

■本人の知らぬところで動画が勝手に配信される可能性

TikTokでみた動画は簡単に保存できる。このような小学生女児動画は、YouTubeなどで「かわいい小学生TikTok」としてまとめられている。話題になったことで投稿をやめた子もいるが、続けている子もいる。そうした「まとめ動画」の中には、下着が見えているものだけを集めたものや、「黒歴史ブス動画」というタイトルが付けられたものもある。

YouTubeでは、他のアプリ人気が出た動画を保存し、アフィリエイト的でひとまとめにして投稿するアカウントが少なくない。つまり、そのようなアカウントにまとめられてしまったら、もう動画を消すことができなくなるというわけだ。

■子どもに使わせるなら必ず設定変更を

TikTokは利用規約で「13歳以上」と対年齢を明記している。アプリ自体も、iOSAndroidも「12+」、つまり対年齢は12歳以上となっている。多くの小学生は対外であり、使うためには保護者の許可が必要だ。もし低年齢の子どもに使わせる場合は、保護者が責任を持って利用状況を見守る必要があるだろう。

子供に「使いたい」と言われた場合、動画が他のユーザーに保存されたり、メッセージが送られてきたりするリスクを放っておくのは危険だ。対策としてプライバシー設定を変更しておく必要がある。

プロフィールページを開き、右上三点リーダボタンから、「プライバシー設定」をタップ。「自分の動画ダウンロードできる人」「自分にコメントを送ることのできる人」「自分にメッセージを送ることのできる人」などの項オフにしておくといいだろう。

制限を強くかける場合は、「他の人から自分を検索してもらう」をオフ、「プライベートアカウント」をオンにして非アカウントにするという方法もある。設定は子どもでも簡単に変えられるので、その設定にする理由を子どもに伝えておきたい。

TikTokを利用することが悪いわけではないが、使い方次第によっては大きなリスクがともなう。子どもに使わせる場合は、保護者がしっかりと導しておきたい。

----------

高橋(たかはし・あきこ)
ITジャーナリスト
書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなどを手がける。SNSなどのウェブサービスや、情報リテラシー教育などについて詳しい。元小学校教員。『ソーシャルメディア』(幻冬舎)など著作多数。『あさイチ』『ホンマでっか!?TV』などメディア出演多数。公式ブログ: http://akiakatsuki.hatenablog.com/

----------

※写真はイメージです(写真=iStock.com/Wavebreakmedia)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【どこまで流行る『TikTok』 小学生も続々と参戦!!】の続きを読む


爆音で流してほしいレベル

音楽演奏するときには、ギタードラムバイオリン・・・といった楽器を使うのが当たり前。だが今回紹介する男が用いているのは、皆さんお染みのマクドナルドジュースだけである!!


驚くべき点はそれだけではない。普通ストローの「プェ~」という超絶ショボい音かと思いきや・・・店内にいる客みんなが大盛り上がりするクオリティで披露したのである。

ストローが奏でる熱きクラブサウンドがこちらだ!



こちらの映像は、10月7日アイダホ州レックスバーグにあるマクドナルドで撮られたもの。このパフォーマンスは、一部ではストロービートボックスと呼ばれているのだとか。

演奏している男性は、ミュージシャンパーカーケインさん。3年前にも同じ店でストロー演奏を披露して一躍人気を誇ったことがあり、今回も記念に演奏したのだという。

ストローとは思えない音に、店内は静かになってほぼ全員が聞き入っている。ジュースストローにしゃぶりついてるのに、こんなカッコイイ曲を演奏するなんて・・・なんとなくシュールだ。


かなり肺活量が必要なのかだんだん顔がになっていくが・・・クオリティがたゆむことはない。最後には店内の客全員から拍手采となった。

これがインスタグラム投稿されると2万7千回もの再生数を記録し「見たダサいのにかっこいい!」「なんかの曲とコラボしてくれ」「どうやって吹いてんだよ」といったコメントが多く書き込まれた。

ちなみに、ケインさんの特技はこれだけではなく、ギターと歌唱素晴らしいのだとか。ストロー一本で演奏するにしても、音楽センスがあってこそだと思い知らされる。

 

参照元:InstagramYoutube

【レベル100のストロー笛】マクドナルドのジュースでクラブサウンドを演奏する男が凄すぎる!!


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【神業】『マクドナルドのストロー』だけで人の心を魅了する!!!!!】の続きを読む


芸能人格付けチェック

(画像は『芸能人格付けチェック』番組公式Twitterスクリーンショット

9日放送の『芸能人格付けチェック』(TBS系)の「プロアマチュア」を聞き分ける問題において、回答者全員アマチュアを大絶賛する事態が発生。

相手が世界で活躍する有名歌手だったこともあり、インターネット上が騒然となっている。

■難題すぎた「声楽」の問題

話題となっているのは、楽部門の問題。回答者たちは世界的ソプラノ歌手アマチュア歌手の歌をAB順に聴きべ、「プロの歌」だと思うほうの回答室に入るというルールで実施された。

すると、回答者たちはこぞってBの歌プロの歌だとゴールデンボンバー鬼龍院翔は「Bのほうが発音に自信があったと思う」と発言。全問正解に期待がかかるX JAPANToslも「Bですね」と自信を持って答えていた。

■まさかの展開に謝罪

他の回答者も全員がBを選択し、「音程の良さと心地よさはBのほうだった」「帯の開き方が全然違う」などとBの歌をこぞって絶賛し、皆が正解を確信していた様子。

しかし、正解はAがNYタイムズで「魂を震わせる歌」と大絶賛されたソプラノ歌手柴田智子さんの歌。Bは、名門・学園大学大学院の特待生の歌だった。

回答者を含め全回答者が不正解となる「逆パーフェクト」が達成される事態にスタジオは騒然。「間違った人は柴田さんに謝ろうよ」と持ちかけられ、出演者たちがカメラに向かって頭を下げる異例の事態となった。

■「放送事故では?」と視聴者騒然

自身もプロ歌手ミュージシャンであるはずの回答者たちが、「逆パーフェクト」を達成する事に、インターネット上も騒然。


世界的な評価を受けている歌手の評判を懸念するもあげられ、「放送事故では?」「ご本人が気の」といった立つ。

■「比較対象が問題」との声も

また、柴田さんは番組の中で「若い方は帯がよく鳴って、素晴らしいが出る。しかし、歳を重ねプロになっていくと、いかに思いを歌詞に乗せられるかが非常に重要になってくる」と、自身の歌世界で評価を受けているポイントについてっている。

これについて、「較対が間違っていたのでは?」といった意見も。


柴田さんとプロ同然の大学院生では評価のポイントがそもそも違う」といった立ち、体的な部分が表れる量や高音の伸び具合で評価されがちな部分を嘆くが相次ぐ。中には、「好みの問題」といったも。

波乱の逆パーフェクトとなった今回。それだけ歌を判断することは難しいようだ。

・合わせて読みたい→プロ野球「ドラフト特番」に多くの感動 一方で「感動ポルノ」の声も

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

『芸能人格付けチェック』全員がアマチュアを絶賛する大惨事 「放送事故」「気の毒…」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【放送事故】『芸能人格付けチェック』で一番やってはいけないことをしてしまう…】の続きを読む


 来年1月をもってアーティスト活動を終了させることを発表しているミュージシャン・ぼくのりりっくのぼうよみがツイッターで大暴れしている。

 引退発表直後、ツイッターで「こんなことなら、才なんてなければよかった。ありきたりな人間に生まれればよかった」とツイートし、賛否を呼んでいたぼくのりりっくのぼうよみことぼくりりだが、そんな中、26日になってぼくりりツイッター更新


天才引退を発表して以来、沢山の御意見を頂いて、本当に本当に驚いています」としつつ、「今このツイートを見ている、アンチの皆さん。皆さん、嫉妬しますか?皆さん、が羨ましいですか?皆さん、になりたいですか?」と質問した。

 この質問に対し、ファンからはぼくりりへのエールなどが寄せられたのだが、ぼくりりはそれらの反応を受け、ふたたびツイッター更新し「アンチの意見が欲しいって言ったのに、に惹かれた信奉者ばかりで辟易しました」とコメントアンケートを使い、ぼくのりりっくのぼうよみは「天才 凡人 その他(リプライで答えなさい)」というアンケートを設定し、「アンチ以外答えないでください。その他はリプライで答えなさい」とツイートしていた。

 しかし、この物言いにツイッターユーザーから「アンチアンチって、どうしてファンを大切にしないんですか?」「あなたに落としてるファンに辟易?やめるからなに言ってもいいですってか?」といった批判が殺到する事態に。


数時間後にぼくりりはまたもツイッター更新し、「リプ欄の説教ババア軍団うざすぎワロタ」とツイート


さらに、「は音を売ってもらってます 方たちは払って音聴いてます 対等ですね?w」とつづり、「『ファンを大切にしろ』?黙れよ説教ババア アーティストにも客選ぶ権利あるんだよ!!!」「説教したいならてめえ子どもにしろや チヤホヤされたいならホストクラブいけカス」と暴言とも取れる文章を投稿した。

 この投稿ネットからは、「お金を払ってくれるファンがいなかったらそもそも活動できないでしょ」「痛すぎる」「対等だからといって、暴言を吐いていい理由にはならない」といった批判が続出。図らずもぼくりりの言うところの“アンチ”が急増する騒動に発展している。一部ファンからは、「ファンがロスにならないように偶像を破壊しようとしてるの?」「嫌われようと頑ってる?」という解釈も寄せられているものの、多くのファンはぼくりりのこの一連のツイートに“辟易”している模様。果たして、この騒動はぼくりりの残りわずかなアーティスト活動に影を及ぼすのだろうか――。

記事内の引用について
ぼくのりりっくのぼうよみ公式ツイッターより https://twitter.com/sigaisen2

ぼくのりりっくのぼうよみ公式ツイッターより https://twitter.com/sigaisen2


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【『ぼくのりりっくのぼうよみ』Twitterで大暴れ!! 「黙れよ説教ババア アーティストにも客選ぶ権利あるんだよ!!!」】の続きを読む


サンドウィッチマンの“カロリーゼロ理論”を歌ったコラボ曲!

サンドウィッチマンネタをふんだんに取り入れたコラボソングMONKEY MAJIK×サンドウィッチマンウマーベラス』のMVYouTube開され、ネットで話題を呼んでいる。

<耳マンのそのほかの記事>


今回のコラボレーションサンドウィッチマンの冠番組『サンドのぼんやり〜ぬTV』にMONKEY MAJIKゲスト出演を果たしたことがきっかけで実現。楽曲にはサンドウィッチマン伊達みきおによるどんな食べものもカロリーゼロだと言い切る“カロリーゼロ理論ネタをはじめ、「ちょっと何言ってるかわからない」「奮してきたな」など彼らのネタがふんだんに取り入れられている。さまざまな食べものを「ウマーベラス」とうたう絶妙な歌詞と、1970〜1980年代ディスコミュージックを彷彿とさせるサウンドで、思わず踊りだしたくなってしまうことだろう。なお、同曲は8月31日に配信リリースが開始され、CDは両者のツアー会場限定で発売されている。

ユニークなMVに中毒者続出!?

そんななかネットではユニークな同曲のMVについて話題を呼んでおり、「冷静に考えて、この歌詞を歌いこなすmonkey majikすごすぎるだろw」「富澤たけし)のやたらかっこよくてじわるw」「初めて“何言ってるかわからない”が正しく使われた」「U.S.Aと同じで ダサいけど中ある曲だな」「モンキーマジックバンドとしての柔軟性が爆発してる」「謎の中毒性w」といったも寄せられている。DA PUMP人気曲『U.S.A』の次は『ウマーベラス』が流行る予感!? 気になった方はぜひチェックしてみてほしい!

耳マン編集部

「謎の中毒性w」サンドウィッチマンの“カロリーゼロ理論“をオシャレに歌った楽曲が話題に


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【中毒性あり】『サンドウィッチマン』“カロリーゼロ理論“がお洒落な音楽にwww】の続きを読む


マイアヒ~、マイヤホ~、ノマノマイェイ!


妙に心地の良いメロディ空耳ワードが散りばめられ、何かわからないけど思わず口ずさんでしまうO-ZONEオゾン)の『恋のマイアヒ』(初リリース2003年)。日本でも大ブームを巻き起こした伝説空耳ソングが、平成最後の夏によみがえった!


Dan Balan – Numa Numa 2 (feat. Marley Waters)(Youtube
https://youtu.be/jKcBZlPHC3o

O-ZONEの中心メンバーだったダンバランが『恋のマイアヒ』発売から15年という節の年にアニバーサリーマイアヒ”を発売。『恋のマイアヒ2018 ~ノマノマダンス』として9月12日より全世界リリースされた。おなじみのサビはそのままに、新たにノリノリラップを追加。ウガンダの子どもたちが驚異的なダンスを披露しているミュージックビデオも必見だ。


なお、ダンバラン9月17日・祝)に放送される『MUSIC STATION ウルトラFES 2018』(テレビ朝日)への出演が決定。13年振りに『恋のマイアヒ』を披露する予定だ。「飲ま飲まイェイ」が内リピートしまくった世代はもちろん、新世代のキッズティーンたちも虜にしちゃいそうな予感。当時は楽曲から生したパラパラダンスFlashムービーが流行したが、今回は果たして……。

―― やわらかニュースサイトガジェット通信(GetNews)』


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【復刻】『恋のマイアヒ』15年前に世間を魅了した空耳ソングが、パワーアップして復活!!!】の続きを読む


 DA PUMP「U.S.A」のYoutube再生回数が7,000万回を突破した。

 リリース当初はSNSを中心に話題となっていたDA PUMPUSA」だが、ISSAの踊りながら全くブレずに伸びやかに歌う歌唱の高さやメンバーダンススキルなど、本物のエンタテイナーとしてますます注を集めている。


 また歌詞にちなんだ当たり前のことを言い合うチョコレートプラネット考案の“U.S.A.ゲーム”や分かりやすいサビの『イイね!ダンス』を真似る“踊ってみた動画”が、小さい子供からYOUTUBERや地方の復動画や本場の在日兵までが投稿する大ブームを起こしており、更に勢いが加速をしている。


 さらに2018年9月17日付(9月12日発表)のBillboard JAPANストリーミングソング・チャート“Streaming Songs”では、前週に引き続き1位を獲得。通算11週の首位獲得となった。

 テレビ番組への出演も続いており、9月12日に放送された日本テレビ系列『1周回って知らない話』での出演では、現状の7人編成でのISSAの後に加わったYORI,TOMO,KIMI,U-YEAH,KENZO,DAICHIの新メンバーの10年の苦悩とが紹介され、SNSでも感動のが上がっている。

 今後は9月14日NHK総合近畿ブロック大阪京都兵庫奈良滋賀和歌山)「うたコン『“半分、い。”と昭和歌謡!“朝ドラ名曲SP』」※9/4 OA延期になった内容が再放送、9月17日テレビ朝日MUSIC STATION ウルトラFES 2018』、9月20日TBSニンゲン観察バラエティ モニタリング』への出演が発表されている。また、待望の10月10日ワンマンライブLIVE DA PUMP 2018 THANX!!!!!!!】がWOWOWで生中継されることも決定した。


DA PUMP「U.S.A」が動画再生回数7,000万回を突破


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【バズってる】『YouTube、再生回数7,000万回』を突破した有名アーティストの動画が話題に!!】の続きを読む


セクシー女優歌手の希美(のぞみ)まゆさん(28)が2018年9月5日ツイッター更新し、「AV女優は一生AV女優(私はセクシーではないが、セクシー女優と)と言う肩書きが付いて回るのでしょうか」と、悩みを明かした。

「好きなのは歌うことだーーー!」

希美さんは15年から歌手活動にも精的に取り組んでいる。同年2月シングルひかり』でデビューし、18年2月には2作となる『After Rain』を発表。作詞は『残酷な天使のテーゼ』などで知られる作詞及川眠子さんが手がけた。

セクシー女優歌手。2つの顔を持つ希美さんだが、兼業には葛もあるようだ。9月5日ツイッターで突如、

「飽きっぽく何もまともに続けられない自分が本当に続けられる、続けたい、好きなのは歌うことだーーー!笑AVじゃない」

と宣言した。

歌手デビューを果たせたのは、セクシー女優としてのキャリアがあったためで「そこには本当に感謝しております」。だが、それゆえにセクシー女優という「肩書き」は離れず、冒頭の悩みを吐露したようだ。

「歌う事にんなもん関係ないんじゃないっすかね? 私は嫌です」
「甘えてるのでしょうか?いきなりポンと出して売れなくても私は自分の納得する形で歌いたい、届けたい」

と率直な思いを明かしている。

ファンから激励続々

希美さんの「本音ツイート」へは、ファンらからの励ましが相次いでいる。

「始まりはAVでも多方面で活躍されている方は沢山います 自分も入口はそうでしたが、今は『歌手希美まゆ』を応援してます」
「歌う事に肩書きは関係ありません!歌が好きで才があるからこそ出来た事ですよ」

書き込みの多くが、「肩書き」は関係なく気にする必要はない、とのメッセージだ。

実際、セクシー女優から転身した「先輩」は数多く、峰なゆかさん(漫画家)、蒼井そらさん(女優)、奈まり子さん(作家)、大島薫さん(タレント)、夏目ナナさん(タレント)らが知られる。<J-CASTトレンド>

『After Rain』のプロモーションビデオから


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【苦悩】「AV女優」で「歌手」の希美が、自身の悩みについてTwitterで赤裸々に告白!!】の続きを読む


香川県小豆島の保育園で、ドラムの演奏会が行われている。

しかし、この演奏風景が凄すぎると話題に・・・。

早速こちらをご覧いただこう。

ドラムを演奏しているのは、なんと6歳の男の子。

3歳からドラムコンサートを各地で行う天才幼稚園児『とらたろうくん』だ。

X JAPANの『紅』から、『アンパンマンマーチ』『名探偵コナン』『どんぐりころころ』までもカッコいい演奏を見せてくれた。

スティック回しもかっこよすぎる!

大人顔負けの迫力ある演奏に保育園の先生や園児たちも驚いたのではないだろうか。

他にもとらたろうくんのYouTubeチャンネルで演奏風景が見れるぞ!

将来が楽しみだ。


(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(6歳ドラマー「とらたろう」)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

6歳の天才ドラマー『とらたろうくん』の大人顔負けの演奏が凄すぎる!


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【天才現る】6歳のドラマー『とらたろうくん』の大人顔負けの演奏が凄すぎる!!】の続きを読む

このページのトップヘ