にゅーぶろ!

「にゅーぶろ!」は最新のニュースや
ちょっと笑えるネタを主にまとめています。
暇つぶし程度や仲間内での話のネタにいかがでしょうか
ぜひお気に入りの記事を探してみてください。
また、ちょっとでも喜んでいただけたならTwitterの
フォローよろしくお願いいたします。

カテゴリ: 事件・犯罪


このほどブラジル妊婦が殺され、ナイフを切り裂かれて胎児を奪われるという痛ましい事件が起こった。その後、犯人の女は逮捕されたが「ずっと女の子供が欲しかった」と周囲に話していたという。『Mirror』『The Sun』などが伝えている。

ブラジル南東部ジョアン・ピニェイロ近くにあるの中で、妊娠8かだったマラクリスティーナ・ダ・シルバさん(23歳)が遺体となって発見された。マラさんは首に有刺線を巻かれて木に縛り付けられており、おを切り裂かれていた。


マラさんを殺し、おにいた女児を盗んだアンジェリーナ・ロドリゲス40歳)とその夫ロベルトゴメス10月16日殺人罪で逮捕されたが、アンジェリーナは警察に「夫は犯行に加担しておらずひとりでやった」と供述。しかし警察は「加者と第3者による犯行とみている。加者の女は妊娠していなかったことも判明しており、犯行は計画的だった」と述べており、引き続き捜が進められている。

マラさんのおばにあたるユーザ・リベイロさんは、アンジェリーナと姪のマラさんが親しい仲にあったことを地元メディアで話した。アンジェリーナはマラさんが女児妊娠していることを知ると急に近付き、何かと手助けをオファーするようになったようだ。また、アンジェリーナは常に「私も女の子がずっとほしいと思っている」と口にしており、マラさんに超音波費用を貸したり、10月13日にはマラさんのに引っ越しもしていたという。そして10月15日「生まれてくる赤ちゃんに必要な物を買いえに行く」と言って出かけ、アンジェリーナはに酔わせたマラさんを殺した。


その後、マラさんのおから取り出した女児を連れて地元のサン・ルーカス病院にやってきたアンジェリーナは「たった今、出産した」と医師らにをついた。しかし、病院スタッフアンジェリーナが出産したばかりとは思えないほど普通に歩き、検を拒否したことから疑いを抱いて警察通報した。

逮捕アンジェリーナは、警察に連れられてマラさんと最後に接触したとされる現場へと出向いた。このとき、事件を知った地元住民らがしい怒りを向けてアンジェリーナを攻撃した。警察が止めにはいったものの、失したアンジェリーナは病院へ搬送されるという事態になった。

女児現在パトス・デ・ミナスにある病院で治療を受けている。女児の頭部には切り傷があり、アンジェリーナがマラさんの部を切り裂いた時にできた傷とみられている。が子を腕に抱くことがわず非業の死を遂げたマラさんは、17日に埋葬された。


この想像を絶するような痛ましい事件を知った人からは、「言葉がない」「こんなことをするなんて、人間とは思えない。サイコだ」「あまりにも邪悪すぎる」「きっとこの女には同じような苦しみが回ってくるはず」「マラさんが気の毒すぎる」「マラさんにはご人はいなかったのだろうか。赤ちゃんが身内のもとに戻れるといいけど」といったがあがっている。

画像は『Mirror 2018年10月18日付「Pregnant woman ‘killed by couple who tied her to tree with barbed wire then cut baby from womb’」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【サイコパス】妊婦の腹を切り裂いて、女児を盗むというありえない事件が起こってしまう…】の続きを読む


中国新疆ウイグル自治区には法規的収容施設があり、100万人以上が強制収容されていると、米国国連が懸念を示してきた。大紀元の取材に応じた、ウイグル族の出所者や家族は、施設内では拷問や撲殺、若い女性たちに対するレイプが繰り返されているとった。

動物のように鎖で繋がれる

 

拷問はとてつもなく非人的で、とても耐えられるものではない」とオミール・べクリさん(42)は大紀元った。収容されているウイグル人たちは「動物のように鎖でつながれ」、身体が「うっ血して腫れ上がるほどかれる」という。

新疆ウイグルまれのクリさんは2017年3月、新疆の首都ウルムチから180キロ離れた両親の住む山村にいたところ、押しかけた警官にい袋をかぶせられ、強制連行された。


中国籍だったべクリさんは、12年前にカザフスタン籍を取得したカザフ在住者。当時、観光についての会議に参加するため、ウルムチを訪れていた。

クリさんは中国警察に7カ間拘留され、その後20日間、再教育施設に入所した。拘束は「共産党習近平席への賛歌を歌うことを拒否した」ためだという。


拷問について、「恐怖を与え心身を虚弱にさせる。屈させて、従わせるようにしている」とべクリさんは述べた。また、ベクリさんは収容所で、ウイグル人が拘禁されている部屋から遺体が引きずられて運ばれていくのを撃したという。「おそらく撲殺されたのだろう」とべクリさんは述べた。

「若い女性のレイプは毎日」

 

15カ間の収監ののち、9月に出所したばかりのカザフスタンウイグル族の女性54)、収容所では若いウイグル族の女性毎日のようにレイプされており、もし拒絶したら殺すと脅されていたと、大紀元った。

「若い女の子たちが一晩中むさぼられていました。もし抵抗すれば、何か(物)注射して殺すぞ、と脅されていました」。この匿名女性は、実際に2人の女性注射されて死亡したのを見たという。さらに、収監中の女性たちには避妊が与えられていた。

女性によると、収容所には小部屋があり、最初は4050人が収容されるが、5~10人ずついなくなり、やがて部屋はっぽになるという。「いなくなった人は戻ってきません。いつも数十人は殺されているはず…」。

中国共産党政府は公式見解として、海外人権団体や政府から摘された施設について説明を二転三転させてきた。最初は「存在しない」「でっち上げ」などと存在そのものを否定。次に「過激派思想を矯正する再教育施設」。この10月には、新疆の党委員会が「職業訓練センター」と法的に定め、大量拘束正当化した。

新疆の収容所について際的な関心が高まるなか、10月15日中国中央テレビCCTV)は夕方のゴールデンタイムに15分の番組で、収容所内の様子を放送した。工場や教室運動場を含む大施設の中で、ウイグル族が共通の制服を着て、「中国普通(共通)、法律の知識、職業訓練」を受けているという。際的な批判を払いのけ、収容施設の「正当性」を強調する狙いがある。

中国少数民族事務所を担当する中国統一戦線部フー・リャンヘ副部長8月、ジュネーブで開かれた国連人種差別ネルで、「ウイグル人を含む新疆市民等な自由と権利を享受している」「少数民族への抑圧もないし、『テロ対策』名の信仰弾圧もない」と明言した。教育プログラムがあることについては認めたが、100万に上る人の不当拘留との摘は「全くのでたらめ」と否定した。

2018年2月新疆ウイグル自治区ホータンで巡回している武装警察(BEN DOOLEY/AFP/Getty Images)

2001年9月11日米同時多発テロ事件以降、世界過激派組織の脅威を撃し、テロ対策を強化してきた。しかし、中国共産党政府はテロの脅威を逆手に取り、無神論社会主義を掲げる共産党イデオロギーに従しないグループの抑制した。一部の仏教キリスト教法輪功、またチベットウイグルなど少数民族を「過激派、分離義者、テロリスト」と定義し、迫正当化した。

収容所に家族が収監されたという家族は、大紀元に対して、新疆ウイグル自治区は極度の監視下にあり、海外の友人や家族と連絡を取ることを禁止されていると述べた。また、ウイグル文化であるヒゲを伸ばしたり、宗教集会を開催したりすることは禁止されていると付け加えた。

(文=イザベルヴァンブルーゲン/翻訳編集・佐渡世)

再教育施設に収容されたカザフスタン籍のウイグル族オミール・ベクリさん(右奥男性)は、収容施設内では拷問を受けたと大紀元に明かした(本人提供)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【無法地帯】レイプは当たり前… 撲殺・拷問による死者も。】の続きを読む


カップルが獣姦罪で逮捕される

今年3月コロラド州に住むカップル獣姦罪逮捕された。

彼らは、秋田との雑種であるババと性行為をしていたというのである。
4つの動物虐待の罪で訴えられたフレデリックブルー・マンザナレス51)と当時交際していたジャネットアイリーンソラノ(49)。

当初はフレデリックのみがババとの関係を持っていたというが、次第にジャネットにも強要するようになっていったという。


庭に停めてあるキャンピングカーの内部にはパッド付きのベンチが置かれており、セックスがしやすい仕様カスタマイズされていたというのだから尋常ではない。

DV捜査をしていた警察が発見したものは…

この事件が発覚したのは、フレデリックDVに悩まされていたジャネットからの通報によるものだった。

性的に奮させるために用のホルモンスプレーを使い、ババとのセックスにのめり込んでいったフレデリック。それはジャネット嫉妬心を抱かせ、度々ケンカの原因になったようだ。

DVに耐え切れず通報をしたジャネットだったが、捜に踏み切ったアラパホ警察がみつけたものは、彼らの自宅パソコンに保存されていたババとのセックス動画写真だったのだ。

、フレデリックには18ヶの禁固刑が言い渡された。しかし、ジャネットは2つの罪を認めたものの、とのセックスはフレデリックの強要だったと減刑を訴えている。


当然ながらカップルは今後数年間動物を飼うことは禁止され、現在ババはシェルターで保護されているという。コロラド州では2007年に獣姦罪が違法であると定められたというが、このような法律が存在する時点で異常な世の中になっているのかもしれない。

参照元:Facebook

【狂気】愛犬と性行為する彼とケンカ→DV被害で通報したら彼女も獣姦罪で逮捕される!


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【怖すぎる性癖】愛犬とヤリまくり写真・動画を保存。嫁は嫉妬…】の続きを読む


オーブン

lolostock/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

生後20女児が何者かに刺された上、オーブンで焼かれる…そんな凄惨な事件がアメリカの小さな町で発生し、ネット上で悲鳴が広がっている。

■刺され、オーブンで焼かれる

事件が起きたのはアメリカ・ミシシッピ州にある、人口約2000人の小さな町ショー

ハフポスト」によると10月15日オーブンで焼かれて亡くなっている女児を親戚が発見し、警察通報。駆けつけた警察官により、この女児と暮らしていた祖の女(48)が第一級殺人の容疑で逮捕されたという。

なお事件当時、両親がどこにいたかや殺の経緯、死因などはわかっておらず、解剖を含めた詳しい捜が進められるそうだ。

■「怖すぎる」と悲鳴

この報道に対し、ネット上では「怖すぎる」「酷い」など悲鳴が相次ぐことに。

・怖すぎる

・どうしてそんなことができたんだろう…

・残虐すぎる。言葉が出ない。。。

・あまりの 残さに言葉を失った……

・祖がやったのか? だとしたら恐怖すぎる

■昨年には母によるオーブン殺人

なお、アメリカでは昨年10月ジョージアフルトンで24歳の女がふたりの息子オーブンに入れ、焼死させる事件が発生。この母親は幼少期より精神疾患を患っており、また産後うつも併発していたという。

日本べて住宅が大きい結果、備え付けのオーブンがあることも多いアメリカ。そんな背景も、残虐な事件に影しているのかもしれない。

■子供がいないほうがよかった?

しらべぇ編集部は以前、子供のいる男女に「子供がいないほうがよかったと思った間があるか」を調。その結果、全体で約3割の人がそう思った経験があるようで、とくに女性に多く見られた

子供(©ニュースサイトしらべぇ)

今回逮捕された祖にも、なにか事情があったのだろうか。

もしなんの意味や経緯もなく焼き殺していたなら、それはそれでさらに怖い感じだが…。

・合わせて読みたい→トイレから戻った娘の様子がおかしい… 4歳児を襲ったおぞましい事件に絶句

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2016年7月22日2016年7月25日
:全20代60代の子供がいる男女651名(有効回答数)

1歳8カ月の女児をオーブンで焼いた疑いで祖母が逮捕 想像を絶する事件に言葉を失う


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【赤ちゃんを『オーブン』で焼くという惨すぎる事件が発生した…】の続きを読む


神社

Stephane Bureau du Colombier/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

福島県で「神社お祭りで催されたお化け屋敷」の解体作業中に、死亡事故が発生。

痛ましい事故の全容や、スピリチュアルシチュエーションでの死亡故にインターネット上が騒然となっている。

■神社のお化け屋敷で転落事故

産経ニュース」によると、福島県福島市福島稲荷神社で6日から開催されていた例大祭において、行を行ったお化け屋敷を解体していたところ、が脚立から転落。10日に死亡が確認されたという。

死亡した行師の男性は9日午前10時20分頃、福島市新町・新公園駐車場行を終えた「お化け屋敷」に使用したやぐらを解体していたところ、高さ1.7メートルの脚立から転落。

■目撃者は「なし」

男性病院に搬送されたが、頭を強く打っており、翌10日午前5時半頃死亡が確認されたのだそう。

男性は事故当時、解体業者らと一緒に作業していたが、男性が転落した様子を撃した人はおらず、警察は事故の詳しい原因を調している。

■「こじつけないで!」と悲鳴

報道を受けて、インターネット上は騒然。女性向け匿名掲示板ガールズトーク』には、哀悼のと悲鳴が相次ぐ事態に。

・え、神社お化け屋敷、、、

・なんか場所が場所だけに… ご冥福をお祈りします

・こわ…

・一緒に作業していたのに、転落を撃した人はいなかったって なんか怖いね

・1.7メートルってそんなに高くないのに、打ち所が悪かったのかな

・偶然で片付けたいけど、やっぱり呼び込むこともありそうよね…

「一緒に作業していたのに、撃者がいないって怖い」「1.7メートルはそれほど高くないのに…」など、事故の不可思議な点をあげ、背筋が凍るような感覚に陥っている人が続出しているようだ。

■「存在すると信じているモノがある」人は半数以上

しらべぇ編集部が全2060代の男女1,350名を対に「存在すると信じているもの」について調を実施したところ、宇宙人神様お化けなど、全体で54.8が「存在すると信じているモノがある」という結果に。

グラフ1(©ニュースサイトしらべぇ)

「信じていない」がもっとも多く、信じているモノの中では宇宙人が3割を越える結果となった。お化けの存在についても、2割近くの人が信じているようだ。

解体作業をしている中での死亡事故。亡くなった男性福を祈りたい。

・合わせて読みたい→1回でいい、幽霊やおばけを見てみたい!「本物は勘弁」の声も

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2015年11月20日2015年11月24日
:全20代~60代 男女1350名

「神社のお化け屋敷」解体中に男性が死亡 事故の全容が「怖すぎる」と騒然


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【曰く付き…】神社に隣接している『お化け屋敷』を解体しようとしたら、事故が……】の続きを読む


トラック事故

(Piergiov/iStock/Getty Images Plus写真イメージです)

路上に倒れていた女性軽トラックでひいて死亡させたとして、過失運転致死の罪に問われた大分県日田市の欅尾政人被告(70)の判決判が11日、開かれた。

ネットでは、その判決に対する納得のと事件関係者への同情のが相次いでいる。

■トラックとの距離は約27メートル

被告は、2016年10月7日午前5時半ごろ、久留米市国道で、前を走っていたトラックと衝突して転倒した自転車女性(当時69)を轢いて死亡させたとして起訴された。

裁判官はこの事故について、「転倒した女性と欅尾被告の軽トラックとの距離は約27メートルだった」と摘。「この距離では停止距離が足りず、衝突を回避できなかったのではないかという合理的な疑いが残る」とした。

その結果、福岡地裁久留米支部で開かれた判で、被告に罪(刑・禁錮1年2カ)が言い渡された。

■「この事件は、全員が不幸だった」

この判決を受け、「男性被害者」「この事件は、全員不幸だった」などと悲痛のが相次いだ。

・この男性ブレーキが少し遅かった、でも故意じゃないし。警察も事故扱いで終わりにせずにちゃんと仕事をした。何か皆が不幸だった

・事故の弾みで飛んできた人をどうやって避けろと。この男性被害者だと思う

・人一人が亡くなるのは大きな事だが、それが不可抗という場合が多々ある。やっぱり事故はみんな不幸になりますね

・もう運命のいたずらとしか思えない。そこには何の悪意もなくて、だからみんながつらい

■ 「合理的判断」と納得の声

一方で、この判決に対し「合理的判断」「正しい判決」と納得のが多くあがっている。

・まあ、回避は理だわな。判決はとても合理的

被害者には大変気の毒ですけど、これはこれで適切な法判断かと思います

物理的な判断を支持した、素晴らしい判決だと思います

・こういう判決を積み重ねないと、自動車運転者に対するむちゃくちゃすぎる過失追求くならない

中には、「歴史的判決」「この判例は残る」と今回の判決を讃えるもあがっている。

しかし判決がどうであれ、起きてしまった惨事は、もう変えることができない。「不可避」「悪意がない」とのコメントが相次ぐこの事故だが、多くの不幸を呼んだのは事実だ。

亡くなった方のご福を祈りたい。

・合わせて読みたい→「足なめ男」に有罪判決 「60回なめた」と認め二度としないと反省

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

女性を軽トラックで轢いた男性に無罪判決 その顛末に「みんな不幸」と悲痛の声


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【全員が被害者…】軽トラックで女性を轢いた男性が無罪判決!!】の続きを読む


 メキシコ中東部で、およそ100人の群衆が地元警察を襲撃し、警察官ひとりをその場で焼殺するという野蛮すぎる事件が発生した。

 舞台となったのは、イダルゴ州メテペックの警察署だ。傍観者が捉えた映像には、群衆がひとりの警察官を取り囲んで攻撃し始め、その直後その人物が炎に包まれる姿が映っている。


 さらに複数の警察官が、火をつけられた警察官と、棒や拳で暴行を受けているもうひとりの男性なんとか救出しようとする様子も収められている。火をつけられた警察官は、その場で死亡したという。

 焼殺されたのはこの警察署に勤務する警察官だったが、群衆らは彼が子どもを誘拐する計画を立てていたと

 地元検察は「このような行為を扇動したり助長させるようなことも、また犯罪である」との明を出し、焼殺事件に加担した者を割り出すと宣言している。


 同では、群衆が犯罪者に火をつける事件が多発中だ。

 今年5月には唐辛子調味料の名前としても有名なタバスコ州で、バイクを盗もうとした男性に群衆が代わる代わる暴行を加えたのち、体に火をつける事件が発生。幸い男性は一命を取り留めたという。

 また8月には、プエブラ州で150人近い群衆が警察署を襲撃し、拘留されていた2人の男性を引きずり出し、ガソリンをかけて焼殺するという事件も起きている。2人について児童誘拐の罪で拘留されているというウワサがメッセージアプリ上で広まっており、処罰感情を高ぶらせた群衆が暴徒と化し、行に及んだのだ。


 ところが、実は2人は前、泥酔状態だったところを住民によって通報されたために拘留されていただけで、いかなる犯罪にも加担していないことがのちに明らかになった。

 冤罪もいとわない人民裁判による「火刑」が横行している背景について、東京に住むメキシコ人留学生はこう話す。


メキシコでは法の腐敗や警察官の数が足りていないことなどから、悪事件を犯しても相応のペナルティが科せられないケースが多いんです。そのことが、治安の悪化を招いているという側面もある。犯罪者を自分の手で罰しようと群衆が暴走する背景には、こうした法不信、警察不信がある」

 メキシコ旅行の際には、犯罪はもちろん、そう疑われるようなことを決してしてはならない……。

群衆に取り囲まれ、暴行を受ける警察官。この直後、何者かが男性の体に火を放った


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【治安が悪過ぎる… 疑わしきものは全て焼殺リンチ!!】の続きを読む


8人で648万円相当の食事

世界的にもぼったくりバーやぼったくり居酒屋しいものではないが、中国のぼったくりレベルは尋常じゃない。


先日、中国上海にあるレストラン外国人旅行者が食事をとったところ、648万円(40万元)相当の請をされる事件が起きた。

合計8人で20種類のメニューだったというが、あまりの高さにSNSに怒りの投稿をしたところ、警察が介入する大騒動に発展したのである。



問題となったのは今年9月。当時ドバイから旅行にきていた男性が7人の友人を連れ、上海レストランマギーズ・レストラン”にて食事をコース料理を楽しんだところ、648万円(40万元)にも及ぶ異常な価格を請されたという。


これに驚いた男性は、中国ツイッターウェイボー”に料理レシート写真投稿く間に炎上し、店には批難するが殺到した。

しかし店側はこの事実を否定し、「画像は明らかフェイクです。々がお出ししていない料理までレシートに載っています。」と

投稿者によると、当時ドバイから来たVIP客として店に招待されていたという。その上、会計レシートの法外な値段について支配人に聞くと「バイではなんてことない話でしょう?」と言われたとも明かしている。

この様にネット上で湧き上がる論争の中、地元メディアが店に対して取材を敢行。


スタッフは、料理にあるメニューでここまで値段をり上げることは不可能だと明かしていた。一方、支配人はというと「VIP専用の料体系を用意しているほか、中国全土から集めた非常に重な素材を使用しているため、ここまで価格が上がるのは仕方ない」と話していたという。

確かに、27万円相当のクロコダイルのテールスープや、キグチと煮こごりなどなど・・・レシートに書かれているのは非常に高級そうなメニューばかり。


しかし、を見るのはサービス。なんとこれに62万円もの額が加えられていたのだ。

これを受け、中国警察当局は同店に調に入る可性があるという。

・・・・・・・

この様に、ドバイの裕福な旅行者をターゲットにしたぼったくりが中国内で増えているという。訪中外国人が増えている中で、中国当局はこうした悪質店の摘発に追われているようだ。

 

参照元:ShanghaiistYoutube

【ぼったくり】中国のレストランで8人でコース料理を食べたら648万円も請求されたでござる


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【客「あ〜よく食べた!さてお会計しようか」店員「はい、648万円です」】の続きを読む



1 nita ★ :2018/10/12(金) 22:54:16.08

10/12(金) 20:54配信
朝日新聞デジタル

 警察庁によると、SNSなどで児童ポルノや児童買春といった被害に遭った子どもは2017年に1813人にのぼり、約10年で2倍以上になった。一方、警察に行方不明者届が出された10代の人数は1万6412人(2017年)で、理由は「家庭関係」が6205人で最多。実際にツイッターの「#家出」「#神待ち」などで見知らぬ男性と出会い、事件に巻き込まれる例もある。

 青森県警は昨年12月、県内に住む女子中学生(当時15)が未成年だと知りながら連れ出し、神奈川県内の自宅で寝泊まりさせたとして同県の男性を未成年者誘拐の疑いで逮捕した。その後、男性は同罪で懲役1年6カ月執行猶予4年の有罪判決を受けた。判決などによると、男性は昨年8月ごろからツイッターで家出中や家出願望のある女性を探すようになった。家出したいとつぶやいていた被害者の少女とDMでやりとりし、同10月上旬、バイクで青森市へ向かい、合流。少女を乗せて神奈川県平塚市の自宅へ向かった。男性が少女とともに過ごしたのは、少女が警察に保護されるまでの約2カ月間。家出中だった別の女性も一緒に住んでいた時期もあった。判決では「被害者の家出願望に応えようとして実行されたものであるが、浅はかというほかない」とされた。

 ネットをめぐる事件を取材するフリーライターの渋井哲也さんによると、ネット上では、家出先を求める「掲示板」が十数年前にはあったという。最近では、ツイッターのDMなど他人に見られずにやりとりできるSNSが主流だ。

 ただ、SNSを介した見知らぬ人との出会いは性被害などのリスクがつきまとう。渋井さんは、宿泊させる代わりに男性が性行為を求めることが暗黙の了解の場合もある、という。

 それでも、「子どもたちは家族や学校は話を聞いてくれないけれど、SNS上の人は親身に話を聞いてくれる、と考えている。家出する子どもたちは家にいる方がリスクが高いとも感じている。そして、ネットがあったから救われた、という人たちも確かにいる」と話す。

 ネット上のトラブル相談に乗る全国webカウンセリング協議会の安川雅史理事長は「自分が抱える苦しい思いをネットでつぶやき、反応があるとすぐに信頼してしまう。だが、そこには弱みにつけ込む大人もいる」と指摘。「親を含め周りの大人が子どものネットの使い道に無関心過ぎる。家族や学校が子どもたちと向き合い、使い方や危険性などの教育を地道にしていくしかない」と訴える。(有近隆史、田中聡子)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000090-asahi-soci


【家出少女は天然『オナホール』…】の続きを読む


2018年10月11日中国上海でこのほど、配サービス・滴滴出行の車両を利用した男性内に常備されていた無料の飲料を口にしたところ、尿であると分かり物議を醸している。中国メディア・触電新聞が伝えた。


騒動が起きたのは今9日。男性は滴滴出行のハイエンド向けサービスである「礼」を利用した。同サービスでは内に乗客向けの無料飲料が常備されており、男性は飲もうとしたが、ふたが開いていることに気が付き運転手に「飲んでよいか」と確認した。運転手はペットボトルを振って中身がいっぱいであることを確認すると、「おそらく別の客が開けて飲まずにそのままにしたのだろう」との説明に、男性は飲んだが後口が悪く、すぐに異変に気が付いた男性は口の中の液体を吐きだし、運転手と共に中身が尿であることを確認した。


男性は「この尿はあなたのものか」と運転手を問いただしたが、運転手は「私のではない。のかもわからない」と返答。男性が滴滴出行の関連部門に連絡しようとすると、運転手は謝罪し、職を失うからと示談を持ちかけたという。その後、男性は滴滴出行の関連部門に連絡した上で警察にも通報。これを受け滴滴出行は10日に謝罪した上で、「運転手が尿意を催した際に付近にトイレがなく、飲料ペットボトルに小便をしたことが分かった」と説明。さらに、10日午後に客の男性と共に病院で検を行い、運転手に対しても病院での検を手配しており、客の健康への影を調すると発表した。問題を起こした運転手は同社の規定に違反したことから、同社サービスから登録を抹消されている。(翻訳・編集/内山

11日、中国の上海市でこのほど、配車サービス・滴滴出行の車両を利用した男性が車内に常備されていた無料の飲料水を口にしたところ、尿であると分かり物議を醸している。


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【中国】タクシーの無料ドリンクを飲んだら、運転手の『尿』だった!?!?】の続きを読む

このページのトップヘ