にゅーぶろ!

「にゅーぶろ!」は最新のニュースや
ちょっと笑えるネタを主にまとめています。
暇つぶし程度や仲間内での話のネタにいかがでしょうか
ぜひお気に入りの記事を探してみてください。
また、ちょっとでも喜んでいただけたならTwitterの
フォローよろしくお願いいたします。

カテゴリ: 電化製品・雑貨


ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
iPhoneXsを買うために浴槽一杯に硬貨を入れてきた客
・店員が2時間かけて数える羽目に
・客はユーチューバーだった

硬貨でiPhoneXs

iPhoneXsを購入するためにとんでもない量の硬貨を準備しモスクワの店にやってきた男性が話題になっている。

男性はiPhoneXsが購入出来る金額分を硬貨で支払うために、その硬貨を浴槽に入れて来店。ちなみにこのお店はモスクワのショッピングセンター内にある小売店で、アップルストアではない。


その店の従業員がFacebookに写真を掲載したところたちまち話題に。

iPhoneXsの256GBを選び、従業員はコインを数えることになった。従業員らは2時間ほどかけてコインを計算したが、なんと10万ルーブル(約16万円)に達していたことがわかった。ちなみにロシアでのiPhoneXsの価格は10万990ルーブル(約17万3000円)と非常に高価。


このiPhoneXsを購入しようとしている男性はユーチューバーで、購入する過程を映像に収めるためにコインを持ってきたようだ。

一部のネットユーザーiPhoneXsの値段が高くそれを皮肉った男性のパフォーマンスだなと語っている。実際iPhoneXsが発表されて以来、機能やデザインに比べて価格が高すぎると批判が挙がっていた。

日本では大量の硬貨の使用は拒否できるが、他国では拒否出来るのかは不明。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【『iPhoneXs』を全て硬貨で買う男が話題に!!】の続きを読む


Credit: American Chemical Society
Point
・藍藻には光合成によって電流を生み出す性質がある
・藍藻を人工的な電極上で生存させるのは難しかったが、マッシュルームの傘の上で育てることに成功
マッシュルームグラフェンを含む導電インクで回路を印刷し、藍藻を螺旋状に印刷したところ発電に成功

スーパーで売られている普通のマッシュルーム。その表面に、藍藻による発電をグラフェンナノリボンで組織化させることで「発電するキノコ」を生み出すことに成功しました。論文は11月7日付の“Nano Letters”で発表されています。


発電キノコと聞くと『不思議の国のアリス』の世界に迷い込んだ気分になりますが、生物の複雑な仕組みを様々な分野の技術に応用しようとする試みは広く行われています。今回の研究は、生物的に強化されたキノコが、電気を生み出すというもの。藍藻をナノ素材で組織化して電流を集め、バイオとナノの両面の良いところを組み合わせて機能するシステムを生み出すことに成功したのです。

藍藻が発電能力を持つことは、生物工学界隈では有名です。しかし、藍藻を使って発電するためには避けて通れない問題がありました。人工的な生物互換材料の表面では藍藻が長く生き残れないのです。研究を行ったマヌ・マンナー氏らは、自然界でその表面に豊富な微生物環境を維持しているマッシュルームが、藍藻を生き延びさせるのに最適な栄養素・湿度・pH・温度を提供してくれるのではないかと考えました。

Credit: American Chemical Society

そこで、生きたマッシュルームの傘に藍藻を植え付けて育てたところ、数日間生き延びさせることができました。これは、シリコンや死んだマッシュルームの傘で育てた場合よりも長いものでした。つまり、人工的に共生状態を生み出すことに成功したのです。

次に、3Dプリンターを使ってマッシュルームの傘にグラフェンを含んだ「導電性のインク」を使って、電流を集めるための枝分かれした模様を印刷しました。これは、藍藻の細胞に突き刺した電極のような働きをします。

それから、藍藻を含む「バイオインク」を同じマッシュルームの傘に螺旋状に印刷。これによって、バイオインクと伝導性インクが交わる交点を複数つくることができます。この交わった点で、藍藻の外膜を介してグラフェンのナノリボンに電子が移動します。つまりキノコに光を当てると藍藻で光合成による発電が起き、ナノリボンで統合されることで電流が生まれるというわけです。

 

見た目もかわいい発電キノコ。無骨な電線を張り巡らせる代わりに、お庭でキノコを育てて発電なんていうのも粋かもしれません。

 

キノコは気候を操っている? 菌類の持つふしぎな役割

 

via: EurekAlert!/ translated & text by SENPAI

 

「発電できるキノコ」が開発される 見た目もインパクト絶大


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【驚愕】こ、この「キノコ」できるっ!!】の続きを読む


気持ちは分かるけど…仕掛けられてたらいい気はしません。

民泊のホストが同意もなしにゲストを監視していたため逮捕されたという悪夢のようなAirbnb事件が起きる中で、NoiseAwareという企業から発売されるパーティー警報センサーが注目を集めつつあります。この製品は音声や動画の記録こそしませんが、ゲストを監視するので、もしパーティーでも開いているような騒音があれば、ホストの元にアラートが送られるというもの。


NoiseAwareの公式サイトによれば設置にかかる時間はほんの数分で、製品をコンセントに差し込んでサービスの設定を行えば、敷地内の音量レベルを見張れるようになるんだとか。音量の上限を設定できて、もしそれを越える大騒ぎが検知されたら、ホストへ「即座に」SMSメールで通知が届くという仕組み


同製品の3世代アップデート版と屋外用の新センサーの先行予約を発表したばかりのNoiseAware社は、自社サービスゲストのプライバシーを侵害しているわけではないと主張しています。同社のサイト上には、「コンテンツが決して録音されないと保証する特許申請中の技術」だと記されています。ホストはダッシュボード上で音量レベルデータにはアクセスできますが、そこに音声は含まれないそうです。

この技術の使い道なんて簡単に想像できますが、分かりやすい例は同社の「パーティーアラーム」機能がはっきりと勧めているように、誰かが無許可のパーティーを開いてるかどうか見張るためと言えそう。


このようなセンサーは民泊サービスにのみ当てはまるものではなく、心配症すぎる保護者なども導入するかもしれません。しかしNoiseAware社がAirbnbのホストのような人たちをターゲットにしているのは明らかです。同社は実際に、本質的にはAirbnbを利用することを称えるプレスリリースのようなブログ記事を9月に公開していましたからね。


この手の「見張りサービス」は、ゲストの意に反した監視や盗聴ほど出しゃばってはいませんが、ホストが物件に滞在している人々の様子をこっそりと把握できるまた別の方法を示しています。赤の他人が物件を悪用してないか確かめたいと思うのはそもそも悪いことではありませんが、自宅にセンサーを取り付けるってどうなんでしょう…?

利用者のプライバシーについての懸念はもちろん、ホストが「用心深い人」から「やりすぎな人」へと一線を越えてしまうのはどの時点なのか、そんな疑問が生じます。

Source: NoiseAware(1, 2) via The Verge, Vimeo



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【パリピ涙】部屋でどんちゃん騒ぎしてたら、取り締まります。←最新パリピセンサー発売!!】の続きを読む


【元記事をASCII.jpで読む】

 ここしばらく、スマホ業界で話題になっているのが“折りたたみスマホ”だろう。

 折りたたんでも開いても利用できる、いわゆる“2画面スマホ”は、過去にNECZTEが開発したが、今回の折りたたみスマホは、折り曲げも可能な有機ELパネルの特性を活かして、開いた状態では1画面になるのが前提のため、さらに大きく進化した感がある。


 そんな折りたたみスマホをいち早く公開(チラ見せ?)したのがサムスン電子だ。同社は7日(現地時間)に開催した開発者向けイベントSamsung Developer Conference 2018」でその存在をアピールしている。

 今回もう1つ注目したいのが、グーグルの担当者が前述のイベントに登壇するなど、折りたたみ型(foldables)のフォームファクタをAndroidのプラットフォーム上でサポートすると表明したことだ。縦長画面、ノッチに続く流れになるのか、2019年の1つのお楽しみになりそうだ。


折りたたみ型スマホは2019年のモバイル業界の主流になる!?


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【スマホが更なる進化へ!】2019年は『折りたたみ型スマホ』推し!!!!】の続きを読む


 Appleは、米国ニューヨークで開催した「Apple Special Event」で、新しいiPad Proを発表しました。サイズは11インチと12.9インチの2種類。ストレージは64GBから1TBまで。価格は8万9800円(税別)から。11月7日発売。

【画像】驚きの薄さ


 ベゼルレスデザインとなり、ホームボタン止。ケーブルLightningケーブルではなく、USB-Cを採用しています。また、従来のiPad Proの側面は曲線を描くようなデザインでしたが、新iPad Pro曲線をなくし、直線的なデザインに。厚さも5.9ミリとなっています。

 iPadで初めてFace IDを採用し、またグラフィック処理が1世代前と較して2倍の速さとなり、ARや精細なグラフィックゲームにも最適なツールとなっているようです。

 また、新iPad Proの発表に合わせて新しいApple Pencilも発表。新Apple Pencilは、ペアリング・充電を磁で新iPad Proにくっつけるだけで行える他、ダブルタップペン消しゴムを手軽に切り替えられるようになっています。

洗練されたデザイン


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【Apple】ホームボタン廃止『新型iPad Pro』11月7日より発売!!!】の続きを読む


本日発売された廉価モデルiPhone XR」が、大変魅的な価格で販売されています。詳細は以下から。

こちらのドコモショップ公式ツイッターによると、本日発売されたiPhone XRを3台限定で一括0円で販売するそうです。

また、一部auショップでも一括1万円での販売が行われているとのこと。

MNPでの契約が前提で、2台以上の契約光回線などとのセット割引、下取りがめられるなど、店舗によって条件が異なるものの、最低でも8万円オーバーiPhone XRが発売々いきなりの安売りされることに驚かざるを得ません。

なお、廉価版とはいえiPhone XSシリーズと同じプロセッサや、焼き付きなどが置きにくい液晶ディスプレイを採用しているため、「長く使える割安iPhone」として十分オススメできる選択肢です。

【本日発売の「iPhone XR」、いきなり一括0円で販売される】を全て見る

本日発売の「iPhone XR」、いきなり一括0円で販売される


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【本日発売】「iPhone XR」お値段なんと0円!?!?】の続きを読む


旅行で欠かせないもののひとつと言えばスーツケースキャリーバッグ。
もし旅行先で重いスーツケースをずっと運ばなくてもいいとしたら、とても便利じゃありませんか?

今回は、持ちに勝手についてくる自走式スーツケースAirWheel SR5』を紹介したいと思います。

AirWheel SR5』はAirWheel社が開発した製品です。AirWheelは2013年に創立したベンチャー企業なのですが、もともとは電動自転車車いすセグウェイなどモーターに強い会社です。そこからロボットAI関連にも開発を広げ、今回の“自走式スーツケース”に至ったのだとか。

本記事で紹介するものはまだプロトタイプなのですが、実物を見る機会が得られたのでその様子をお届けしたいと思います。

センサーだけの自動追尾からより確実なスマートリストバンドを採用

実は自走式のケースAirWheel社のみならず、これまで他社でも開発されています。しかし走行や追尾が不安定だったり、コストがかさんだり、となかなか実用化に至らないのが実情でした。

AirWheel SR5』は当初、センサーのみで自動追尾を行っていたそうですが、持ちへの追尾をより確実にするため、腕時計のような形状のスマートリスバンドを採用しました。これによって、実用性がグンと上がったようです。

自動追尾だけでなく、障物の検知機も備えています。

広帯域線(UWB)を用いて追尾を行う『SR5』、3m以上離れると知らせてくれるUSBからの充電機スマートフォンでの操縦機などいくつかの便利な機も備えています。本体サイドにはなんとリンクホルダーまで。

開閉には紋認のほか、バッテリー切れでも使えるよう従来ケースのような物理鍵(TSAロック)での開閉にも対応

足元には通常のスーツケースのような輪のほかに、モーターに直結した走行用の輪が別途実装されています。

駆動部やバッテリーはスリムにし内容量を大きめに確保

AirWheel SR5』の内部は思いのほか広く、その容量は32リットル。2泊3日の旅行にも十分なスペースに加えて小物別のポケットも用意されています。

プロトタイプでは汎用のリチウムイオンバッテリーで駆動していましたが、製品版ではよりスリムな形にカスタマイズされた17400mAのバッテリーが搭載される予定です。
20インチケースサイズ62.6Whのバッテリー容量も、機内持ち込み規定を満たした大きさで設計されています。

走りはなめらかに追尾 まるでスーツケース型のロボット

最高速度は6km/h。人の歩きにあわせて速度を調節してくれます。
フル充電での走行可距離はおよそ10㎞~12㎞が可とのことなので、長い時間でも自走してくれることが期待されます。

しかしながら大きな段差、急こう配のステップなどは苦手なので、そういった場所のフォローは必要かもしれません。

それでも空港内やデパートなどの移動はずいぶんと楽になりそうな『AirWheel SR5』、現在GREEN FUNDING』にて支援募集中となっています。

支援価格は記事執筆時点で1セット62,800円から。

また、10月31日まで、東京都世田谷区にある二子玉川 電1Fネットワーキングロアに展示コーナーを設置しており、実機を見ることができます。

旅行アイテム未来がやってきてますよ。

『手ぶら旅行』を実現!! 最先端テクノロジーを搭載した、自動追尾スーツケース Airwheel SR5 | AFUストア
https://greenfunding.jp/afustore/projects/2503

※一部画像はGREEN FUNDINGAirWheel SR5』ページより引用
レビューにはプロトタイプが使用されています。製品版とは異なる可性があります。

―― やわらかニュースサイトガジェット通信(GetNews)』
手ぶら旅行が現実に?! 持ち主についてくる姿もかわいい自走式スーツケース『AirWheel SR5』


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【次世代の旅行スタイル】キャリーバッグが自動で付いてきてくれる!!『AirWheel SR5』】の続きを読む


Credit: REUTERS/Valentyn Ogirenko

現状のAIの問題点とは、何なのでしょうか?

AI人工知能)の開発が急ピッチで行われる中、その利用に関するルールの制定が早急められています。素晴らしい性を秘めたAIには強大ながあり、そのの使い方によっては世界的な大惨事が起こりかねないのです。

人々がこの革命コントロールを失ってしまわないか、その不安は高まり続けています。ここでは、その大きな懸念について、代表的な真実」「人権」「AI開発競争」の3つの視点で紹介します。

AIと「真実」

「ディープフェイク」の例から分かるように、洗練されたAIプログラムにおいては、オリジナルと見分けがつかない音イメージ動画までをも作り出すことができます。ディープラーニングアルゴリズムは、驚くべき正確さで人の唇の動きや表情を読み取ることができるのです。

この技術がひとたび一般に広まってしまえば、様々な場面において悪用されることは想像に難くありません。選挙の前日に対立補者の醜態をさらしたり、ありもしないエピデミックやサイバーテロが流布される可性もあります。

そのような架の「アクター」たちによる影は計り知れません。真実」や「信頼」がAIによって侵食され、人々は何を信じていいのか分からなくなってしまいます。そうなってしまえば、際的な統治システムを失っていくでしょう。

AIと「人権」

世界中のAIシステムは、都市の交通パターン市場、消費者の傾向、そして個人のゲノム情報に至るまで、ありとあらゆる「膨大なデータ」を意味づけすることで、世界の動向を予測するようにプログラムされています。

AIはそのようなを駆使して、私たちの行動や態度を生物学的なデータと結びつけ、様々なものに活用しますアメリカにおいては、すでに法廷の「ビデオ」において、言者の「後悔」や「自責の念」を測定するために用いられています。そしてこの技術は、近いうちに職者の適性を見極めるために「就職面接」の場面で活用されるようになるでしょう。

しかし、遊んだ子ども情報を収集できる人形My Friend Cayla」が「スパイ人形」であるとして、ドイツ内で販売禁止になった例からも分かるように、AIには「人権」や「安全保障」の問題が内包されており、この点についての明確なルールが必要とされるでしょう。

AIと「競争」

上で述べたように、AIはあらゆる分野において活躍する可性を秘めており、その影は計り知れません。とはいえ、AIが実用化され始めたのはごく最近のことであり、先進国現在、その開発・利用に関する競争を化させています。

テクノロジー同士の熾な「サイバーレース」がこれからも加熱していくでしょう。しかしながらAIを制することは、経済・医療の発展や、際的な安全保障の優位性が保てることを意味しており、勝利AIによって他コントロールする「サイバー植民地」といった形態だって生まれかねません。

 

このように、様々な可性と問題を抱えているAIですが、世界政治的にも、法的にも、倫理的にもそれを迎える準備ができているとは言えません。インターネットの登場によりの意義が薄れていく中、各はその足並みをえることができるのでしょうか。

 

「AIが人に恋することはあるの?」子どものSFでロマンチックな質問が心をえぐる「夏休み子ども科学電話相談」

 

via: weforum / translated & text by なかしー

 

AIが持つ「3つの危険」について考える


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【映画の世界が現実に!? 急発展し続ける『AI』技術に懸念の声…】の続きを読む


携帯電話

(kuppa_rockiStock / Getty Images Plus写真イメージです)

電話メールをはじめ、調べものや買い物などインターネットゲームアプリなどで大活躍のスマートフォン依存症までいかなくとも、なくてはならない存在になっている人も少なくないだろう。


学生時代や社会人になるまで携帯電話が普及していなかった世代は「便利な世の中になったな~」と思う反面、「携帯がなかったほうが良かった」と思うこともあるようだ。

女性専用匿名掲示板ガールズちゃんねる」では「携帯がなかったほうが良かったと思うことというスレッドが立ち、様々な意見が寄せられている。

■「調べたらわかる、で終わる」

ふと沸いた疑問や悩みなどを調べるツールとしても便利になったスマホ。また、数多くのアプリゲームは、暇つぶしにも強い味方だ。しかし、スマホを触っている時間が「駄」だと感じる意見や、コミュニケーション不足を感じる人もいるようだ。

アプリサイト駄な時間を費やしてる…携帯いときは読書日記書いてた。確実にそちらのほうが有意義で知識が増える」

「 簡単に調べることができるから便利だったけど、ひとつのことを調べるのに図書館に通ってた労は、必要なことだったかもね」

子供のころも、大人になっても『〇〇ってどういうこと?』って親や周りの友人との会話のはじまりだったのに『ネットで調べたらわかるんじゃない?』で終わる。コミュニケーションしてね~な~」

■「不倫が増えた」「公衆電話に行くとか…」

また、恋愛面での意見も。相手の連絡先を聞き出すことやメールなどを送ることも簡単になった分、関係性が希薄化していると感じる人もいるようだ。

不倫が増えた。簡単に連絡とって誘ったり待ち合わせできちゃうから、そりゃ増えるわな…」

LINE告白してきて、LINEでフラれるとか…薄いなぁ~と思う」

80年代ドラマとか見てると、聞きたくなったらの中、公衆電話に行く、とか実家にかけるドキドキとか…これこそ恋愛だったのかなと思う」

■子供に「心配」ママ友関係に「怖い」

また、スマホを所持している子供のいる母親は心配なこともあるようだ。またママ友とのやりとりでも面倒くさいアイテムとなっている人も。

子供が、友人同士のLINEに付き合わないといけない、とずっとスマホ操作。ひたすら不憫…」

子供たちのネットいじめ 怖い。LINEやらないと仲間外れにされるとか聞くし」

ママ友達とのLINE連絡網が怖い。 ちょっとした出来事がすぐに広まる恐怖」

■寝る直前までスマホを見る?

そのほか多く見られたのは「睡眠時間が短くなった」など自分の生活の変化。そこでしらべぇ編集部では、全2060代の男女1,353名を対に、寝る直前まで携帯スマートフォンを見ているか調を行った。

(©ニュースサイトしらべぇ)

結果、「見ている」と回答したのは23.2%、「どちらかといえば見る」は20.8と4割以上が寝る直前までスマホをいじっているようだ。一方で、「あまり見ない」と答えたのは22.3、「見ない」は33.7だった。

■20代女子の6割が寝る直前まで…

年代別では、若い世代ほどベッドの中でスマホを見ている割合が高い。

(©ニュースサイトしらべぇ)

20代女性63.9と、20代男性23.540ポイントもの差があることがわかった。

■スマホを避ける日も必要

コメントの中には「自分の時間を大切にするため、あえて電を切るようにしている」というもの、休日は電を切るようにしているという意見も見受けられた。スマホとの付き合い方を見直すことも必要かもしれない。

・合わせて読みたい→「中学生でスマホを欲しがる娘」に悩む母 持たせたくない理由に賛否が相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

【調概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調期間:2017年12月15日2017年12月18日
:全20代60代の男女1,353名(有効回答数)

スマホ進化の反面、希薄な関係や面倒な繋がりも 「携帯ないほうがよかった」の声も


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【スマホ依存症】圧倒的に便利だが、その反面…】の続きを読む


Credit: Alamy Stock
Point
中国の代わりとなる「人工」が打ち上げられる予定
・人工には太陽を反射させるパネルが取り付けられており、その度を変化させて照射位置を調整する
・その明るさは本物のの「8倍」にも及び、直径10-80Kmのエリアを照らすことが可

中国歴史都市「成都市」において、壮大なプランが浮上しています。なんと、宇宙に「巨大な人工」を打ち上げて、の代わりにを照らしてもらおうというのです。

打ち上げの予定は2年後の2020年。そのきは本物のの約「8倍」で、直径10-80キロメートルエリアを明るく照らすことができるとのことです。先週、成都市で行われたイベント2018 National Mass Innovation and Entrepreneurship” において、中国宇宙開発企業中国科技集団」がこの計画を発表しています。

打ち上げのテストは数年前から実施されており、2020年の打ち上げに向けての技術的な準備は了しています。また、中国科技集団は中国宇宙開発を請け負う企業ですが、この計画が中国政府の支援を受けているのかについては不明です。

この「人工」には太陽を反射させられるパネルが取り付けられており、その度を変化させることで、照射位置を調整します。

世界を見渡すと、過去にも同じように太陽を利用した例があります。2013年、「太陽が届かない」として有名であったノルウェー底の、リューカンに「3つの」が設置されました。コンピューター制御されたそのは、間接的ではありますが、に待望の「日光」を届けることに成功しています。

また、1990年台にはロシア人工衛星Znamya” を打ち上げ、太陽地球間地域に反射させて、その地点を明るくすることに成功しています。その後もサイズを大きくした “Znamya2.5” が計画されましたが、こちらは打ち上げに失敗。開発者はさらなる挑戦への資調達ができずに、結局その構想が実現することはありませんでした。

「人工」の登場によって懸念されるのは「夜行性の動物」への影ですが、学の専門は、この人工月の光は「夕暮れどき」のようなほのかなものであり、動物ルーティーンに影が出ることは考えにくいと説明しています。

 

宇宙に打ち上げ予定の「アート作品」が、すでに宇宙飛行士たちの不評を買っている

 

via: theguardian, independent / translated & text by なかしー

 

中国が2020年に「人工月」を打ち上げると発表


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【世界初】中国がとんでもないことを言いだしたぞ!?】の続きを読む

このページのトップヘ