にゅーぶろ!

「にゅーぶろ!」は最新のニュースや
ちょっと笑えるネタを主にまとめています。
暇つぶし程度や仲間内での話のネタにいかがでしょうか
ぜひお気に入りの記事を探してみてください。
また、ちょっとでも喜んでいただけたならTwitterの
フォローよろしくお願いいたします。

2018年07月


 【エルサレム時事】シリアで行方不明になっているジャーナリストの安田純平さん(44)とみられる男性が日本語で助けを求める動画が31日までに、インターネット上で公開された。ただ、この男性は「ウマル」と名乗り、国籍は「韓国人」と主張しており、安田さん本人かどうかは不明だ。


 動画は約20秒で、タイトルは「シリアの日本人人質からの訴え」。男性は、過激派組織「イスラム国」(IS)の映像で殺害される人質が着ている囚人服に似たオレンジ色の服を着用し、背後には銃を構えた覆面の男2人が立っている。男性は、撮影日は7月25日だと言い、「とてもひどい環境にいます。今すぐ助けてください」とかすれ声で訴えている。


 安田さんは2015年6月、取材目的でトルコ南部からシリア北部に渡った後、消息が途絶えた。シリア北西部イドリブ県でイスラム過激派組織「シリア征服戦線」(旧ヌスラ戦線)に拘束されたとみられていた。これまで安田さんとみられる動画や画像を入手してきたシリア人男性によれば、安田さんは最近、同組織からの分派としてできた別の過激派組織に拘束されているといい、「精神的にも病んでいる可能性がある」と指摘した。 

〔写真説明〕シリア入国後に行方不明になっているジャーナリストの安田純平さんとみられる男性(動画共有サイトVimeoより)

シリア入国後に行方不になっているジャーナリストの安田純平さんとみられる男性(動画共有サイトVimeoより)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【緊急事態】安田純平さんの必死の訴え… 「今すぐ助けてください」】の続きを読む



レペゼン地球は2018年7月26日、ヒカルとコラボして祭りくじの手口を暴く企画をYouTube上で公開した。

動画の序盤、レペゼン地球らが祭り会場に着くと、6人を大勢の視聴者が囲み、会場は大騒ぎに。

祭り会場の1つ目のくじ店でレペゼン地球らは10回くじを引き、エアーガンを10個手に入れた。DJ社長はすぐさま会場を後にしたが、子供らに追いかけられ、エアーガンを全て奪われてしまった。レペゼン地球らは一旦会場を後にし、再び会場に入ってくじを引くことに。

再度祭り会場に入り、レペゼン地球らは祭り会場の2つ目のくじ店で1万円分のくじを引こうと店主に1万円札を渡すも、店主はおつりを渡そうと手元のお金を数え始めた。

「1万円分引きたい。」と交渉するも「1枚、2枚でいいよ。それ面白くない。」と拒否されたレペゼン地球とヒカル。粘り強い交渉の末、どうにかして1万円分のくじを引くことになった。2回目に挑戦したくじのルールは2度あたりを出すことが商品ゲットの条件だった。


レペゼン地球らはくじを引くも、なかなか当たりを引き当てられず苦戦を強いられた。やっとのことで当たりを引き当て、Nintendo switchを手にすることに成功(この時点で6万円分)。「キレイな大人や!」とレペゼン社長らは歓喜。

しかし、店主は現物が店にあるか分からないから電話番号を教えて欲しいと言うので、DJ社長は店主の言うとおりに電話番号を渡し、switchは後ほど受け取ることになった。祭り会場を後にしたレペゼン社長らは再び子供らに追いかけられてしまう。

車内に落ち着いたところで、先の祭り会場のくじ店の店主からDJ社長の元に着信が入った。その内容は、switchが他の店に無いので、(DJ社長の)住所を教えてくれれば品物を送るといったものだった。

これに対し、「似たようなもので良い。」と返したDJ社長だったが、いずれにしても現物が無く、くじ屋に陳列してあったものは見本しかないという店主。

さらに店主はくじでいくら使ったのかを聞いたので、これに対し6万だとDJ社長が答えると、返金すると店主は提案。お金を受け取るため再び祭り会場へ向かった6人。

すでに店じまいを始めた祭り会場で先の店主と合流したレペゼン社長らは、店主からお金を受け取ると早速くじのシステムについて疑問を投げかけた。すると店主は「2個であたりではなく、実は連続2回であたり。そのことは店の看板にも書いてある。」と返答。この事実を知った6人は「全然当てれんやん…。」と呆気にとられてしまう。

車内に戻り、全員で撮影した動画を確認すると、連続とはどこにも書いておらず騒然とする6人。一連の店長の詐欺まがいの対応に対して「汚い大人やで。」とDJ社長とヒカルがコメントし、動画が締められた。

レペゼン地球についてさらに知りたい方はこちら↓

【理由徹底解剖】レペゼン地球の垢BANはマホトが原因!?orガイドライン違反!?

ヒカルの神企画再来!レペゼンと祭りクジの闇を暴く


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【神回】YouTuber『ヒカル』、『レペゼン地球』と再び祭りクジの闇を暴く!!!】の続きを読む


(tantake/iStock/Thinkstock)

恋人からもらったプレゼントは、どんな品でも嬉しいもの。とはいえ、「さすがにこれは…」なプレゼントを送られることもある。そこで、「彼からもらった悲しいプレゼント」について聞いてみることに。

■結婚を期待していたのに

そろそろ結婚かな? と指輪を期待していたけれど…まさかの品に落ち込む人も。

「彼からの誕生日プレゼントが布団だった。たしかに私の布団はかなり使い込んでいてボロボロだったけど…。ぼちぼちプロポーズかな? と期待してたから、悲しくて泣いてしまった」(30代・女性)

「指輪の号数を聞かれたのでワクワクしていたけど、くれたのはドライヤー。ナノケアのいい物だから愛用してるけど、かなりがっかりしたのを覚えている」(20代・女性)

「体脂肪が測れる体重計。誕生日に、これから絶対必要で喜んでもらえる物を用意したよって言われて、プロポーズと婚約指輪かと思ってドキドキしたのに…変に期待した自分が恥ずかしい」(30代・女性)

■謎なプレゼント

あまりにも謎すぎるプレゼントに困惑する人もいるようだ。

「誕生日にもらった、紙粘土で作ったクマの置き時計。時計部分はおそらく100均で絵の具でちゃんと色も塗ってあったけど、なぜそれを作ったのか謎で仕方ない。

ちなみに私はクマが好きなわけでもなく、20歳でお互いバイトもしていた」(20代・女性)

「20代後半のクリスマスプレゼントに、3cmくらいのゴム製でできたギューっと握ったら目玉が飛び出る人形をもらったことがある。

ドラマや漫画なら、一度がっかりさせて本当はこれ! ってちゃんとしたプレゼントが出てくるけど、そうではなかった。もらわないほうがマシなプレゼントもあるんだなって初めて知った」(30代・女性)

「23歳のとき、当時付き合っていた彼氏から「だんご三兄弟」のタオルをもらった。プレゼントって気持ちは嬉しいけど、好きでもないキャラクターのタオルは喜べない」(20代・女性)

■趣味に合わない物は困る!

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,363名を対象に「買い物」について調査したところ、どの年代でも女性の半数以上が「趣味に合わない物をもらって困ったことがある」と回答。

40代以降は8割を超えており、多くの人が困ったプレゼントをもらった経験があるようだ。

20170308_01(©ニュースサイトしらべぇ)

相手が欲しいと思うプレゼントを選ぶのはかなり難しい。もらった側も、あまりに微妙な品でも反応に困ってしまう。何かをプレゼントする時は、事前のリサーチが重要だろう。

・合わせて読みたい→20代女子の4割が「恋人から貰ったプレゼントの価格を調べてる」と判明

(文/しらべぇ編集部・鎌田 真悠子

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年2月24日〜2017年2月27日
対象:全国20代〜60代の男女1,363名(有効回答数)

指輪を期待していたのに「布団」? 彼からの悲しすぎるプレゼント


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【いやいや…これはあり得ないでしょ…… 彼氏がやらかしたプレゼントとは。】の続きを読む


 24日に発売されたアイドルグループ・AKB48の高橋朱里(20)の1st写真集『曖昧な自分』(講談社)から、未収録の水着カットが新たに公開された。ブルーの花柄ビキニにグループ屈指のグラビア人気を誇る美ボディが映える。

【別カット】洗練された珠玉BODYを披露した高橋朱里

 これまで勝負のランジェリーカットや決意の手ブラカットなど刺激的な写真が公開されてきたが、シンプルな水着カットが公開されるのは、意外にもこれが初めて。写真集のヒットを受けて、あえてベーシックな水着カットがお披露目された。

 SNSでは本作の感想として「やっぱり朱里は最高だった」「セクシー過ぎ」「作った笑顔じゃない素の表情、儚いというか見てて切なくなってくる」など、高橋の頑張りをお褒めるファンや、セクシーな内容に複雑な思いを抱いたファン、素の表情にひたるファンなどの声があがっている。

 本作は、台湾の台北・高雄、台南の3都市でロケが行われ、どこか懐かしい台湾の街並みに溶け込み、本人も「アイドルの自分の面影ない」と驚くほど一人の女性としての魅力を発揮。グループ総合プロデューサーの秋元康氏「嘘がつけない人だ。正直に生きるから、いつも、どこかが傷ついている。本当の自分もそうではない自分も、全部、高橋朱里なんだよ。せめて、写真集の中では曖昧でいて欲しい」と期待を寄せている。
AKB48・高橋朱里1st写真集『曖昧な自分』誌面カット(撮影/佐藤裕之)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【『AKB48 高橋朱里』水着姿が最高!!!!】の続きを読む


 季節はすっかり夏。開放的な気分になるからなのか、暑さに脳みそをヤラれて自制が効かなくなるのか知らないが、この時季になると増えるのが“痴漢”。当然ながら犯罪だ。彼らは犯罪とわかっていながらも、なぜ手を染めてしまうのだろうか……。

 東京・新宿の喫茶店に現れたのは、背丈170センチほど、チノパンにポロシャツ姿の、どこからどうみても「普通」な装いをした派遣社員の男性・岩本さん(47歳・仮名)。語り口も普通で、びっしょりと汗をかき、約束の時間に5分遅れたことを必死に詫びるおじさんだが、実は前科複数の痴漢常習者なのだ。

『男が痴漢になる理由』の著者で、大森榎本クリニック精神保健福祉部長の斉藤章佳氏によると、痴漢は「性依存症」という病気の一種で、治療の必要があるという。岩本さん自身は病気だと気づいていないが、なぜ「痴漢依存症」になってしまったのだろうか?

◆痴漢がやめられない人の言い分と末路

「いけないことはわかっていますよ。でも無理なんです。夏なんか特に、女性はこう……露出がスゴいじゃないですか。満員電車なんかで隣になると、ニオイもするでしょう。もう、どうしても我慢できなくなって」

 今から約25年前。大学卒業後、都内の商社に勤めて半年ほど経ったときだ。通勤のために利用していたJR埼京線内で痴漢して捕まったのが最初。隣り合った女性の腰に魅力を感じ、気づいたときには触っていた。悲鳴を上げた被害女性の横には、実はパートナー男性も同乗しており、男性からその場で取り押さえられ、次の駅で警察に引き渡された。

「男性がチンピラみたいなやつで。会社にも言わない代わりに示談金を50万寄こせと迫られ、泣く泣く支払ったんですよ」

 どこか「他人事」のように語る岩本さんだが、その後も自分の「歴」について淡々と話す。

「埼京線は利用しない、と誓約書まで書いたので、その後は京浜東北線や宇都宮線、山手線を乗り継いで出社するハメになりました。面倒でしたよ、ほんと。んで、やっぱり魅力的な女性がいると触っちゃって。2度目、3度目も示談で済みましたが、4度目は鉄道警察隊の女性が一般人に成りすましていて、それを触っちゃった。問答無用で現行犯逮捕。駅で取り囲まれて恥ずかしいったらなくて……」

 その後も懲りることなく痴漢を繰り返したという。あからさまに触れば「やられる(逮捕される)」からと、バレないように触ろうと、あの手この手を考えるようになった。

「ほら、手の甲でこうお尻をさすったり、電車は揺れるから、よろけたフリをすれば……」

 その手口を饒舌に語る岩本さんを途中で制す筆者。もはや開き直り、反省の態度は1ミリも見せないが、それでもやはり逮捕されてしまう岩本さん。前述のように、電車内で手の甲を女性に対して執拗に押し付けていたところ、相手がまたもや女性警官だったのだ。要するに、完全にマークされていたのだ。

「逮捕され拘留もされましたが、刑務所にはいきませんでした。病気かもしれないということで病院にも通いましたが、原因はよくわかりません。仕事のストレス? あまり感じたことはありませんが、捕まるたびにクビになるので、もう派遣で仕事するくらいしかなくて

 幼少期などに特異な性的衝動を体験したわけでもないと語る岩本さん。もはや「無意識に触ってしまうとしか言いようがない」らしい。「やめられない」と言って、一応はうなだれてみせた。しかし、次に発したひと言に、すべての原因が透けて見えた。

「減るもんじゃないのにね」

◆自分本位な考え方しかできない…

 岩本さんの思考には常に「自分」しかいない。自分がやりたかったから、自分がいいと思ったから、自分がつらい目にあった、自分が大変だった、などなど。

 被害女性がどういう気持ちだったか、どれほどのショックを受けたのか、他者への気遣いといったものが完全に欠如してしまっているのだ。筆者に同行した女性記者がそう指摘すると、一瞬たじろいで見せるも、大きなため息をつくや否や、こう吐き捨てたのだった。

「他人の事なんて考えられないですよ。親からもそういう教育受けてないし、みんな大変で忙しいでしょ。私も自分の事しか考えられないし、生活も苦しいし。痴漢やめても、満員電車だし、体が触れることはあるだろうし、電車に乗らなきゃ仕事もできないし……宝くじでも当たればな」


 痴漢で何度も逮捕され、示談金を支払い、職を失った岩本さん。もちろん、とうてい幸せな人生には思えないが、最後まで自分本位で悪いことはすべて「他人のせい」

 冒頭で触れた精神保健福祉士・斉藤章佳氏の研究によると、痴漢の原因は「性欲でなく支配欲」だという。

「自分自身がストレスフルだったり自暴自棄になっているとき、自分よりも弱い者を性暴力で支配したりいじめたりすることで自らの優位性を確認するという『痴漢パーソナリティ』」(女子SPA!2017.08.31)だという痴漢常習者。岩本さんに必要なのは、逮捕よりも治療かもしれない。

<取材・文/森原ドンタコス>



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【激白】痴漢がやめられない男。自身を『痴漢依存症』と語るなど、クズすぎる…】の続きを読む


「企業優先から、人と環境を大切にするという姿勢に転換して、新しいテクノロジー、産業を創造しないといけない」と語る古賀茂明氏

「企業優先から、人と環境を大切にするという姿勢に転換して、新しいテクノロジー、産業を創造しないといけない」と語る古賀茂明氏

『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が、国際的な環境保全の動きに遅れをとる日本企業の姿勢を批判する。

* * *


「グリーン経済」(環境保全と持続可能な発展を両立させる経済のこと)を実現するために、プラスチックゴミの削減が重要なテーマとして浮上している。


その表れが今年6月、G7で採択された「海洋プラスチック憲章」だ。国連によれば2015年度の世界のプラスチックゴミの総量は約3億t。そのうち年間で約800万tが海に流出し、海洋環境や生態系を汚染しているという。


このゴミを減らすため、国家と産業界が協力し、30年までにすべてのプラスチックを再利用や回収可能なものにするというのが憲章の内容だ。

グローバル企業は敏速に対応した。すでにスターバックスやマクドナルドは、プラスチック製ストローを紙製ストローなどに切り替えると表明している。


ところが、こうした国際的な環境保全の動きに日本は背を向けている。英仏独など5ヵ国とEUが憲章に賛同したが、日本はアメリカと共に署名を拒否したのだ。


日本が反対に回った主な理由は次の2点だ。


(1)憲章には中国やロシアなどの経済大国が参加しておらず、G7だけが自主規制をしても海洋プラスチックゴミは減らない。


(2)国内の産業界への影響が大きいため、慎重な調査・検討が必要。

だが、先進国がプラスチックゴミ削減へと動いているさなか、日本がここまで鈍い反応でもよいのだろうか。

例えば、アフリカのルワンダは08年からビニール袋の使用禁止に踏み切った。紙袋と違い自然分解しないビニール袋はいつまでもゴミとなって残り、市中の衛生環境を悪化させるからだ。 

そのことを知ったのは初めてルワンダを訪れた14年夏。もう4年前のことだ。入国審査で「国内への持ち込みも禁止」と、手持ちのビニール袋を一枚残らず没収されたときは驚いた。


ルワンダでは、この措置により、国内にあった4つのビニール袋製造工場が潰れたという。ルワンダのような小国であっても国内産業への悪影響を厭(いと)わず環境保全へと乗り出しているのだ。技術も資金もある「先進国」日本が、憲章の署名を拒否するのは、どうにも保守的すぎる。


そんな日本の振る舞いの背景にあるのは、安倍政権の企業優先の姿勢である。看板政策のアベノミクスが目指したのは金融緩和と円安で輸出を増やし、企業の収益増と株高を実現すること。

そのおこぼれで労働者の収入増は後からついてくるという戦略だ。今国会で成立を目指したカジノ法案や働き方改革も、経団連や関連企業優先の姿勢をはっきり示している。


だが、こうした対応では短期的に日本企業の利益を守れても長期的には衰退を招く。古いビジネスモデルにこだわるあまり、新産業の世界競争に後れを取ってしまうのだ。


再生可能エネルギーや電気自動車などの成長分野で、政府が明確な推進方針を宣言した中国やドイツなどでは、企業が思い切った投資を行なったのに、それがない日本企業は完全に出遅れてしまった。

"企業優先"から、"人と環境を大切にする"という姿勢に転換して、新しいテクノロジー、産業を創造しないといけない。憲章にも早く署名し、環境技術の革新や新たなエコシステムの構築に取り組むべきだ。そうして新分野を切り開くことが、出遅れた日本企業の「起死回生の一打」につながるはずだ。

●古賀茂明(こが・しげあき)
1955年生まれ、長崎県出身。経済産業省の元官僚。霞が関の改革派のリーダーだったが、民主党政権と対立して11年に退官。近著は『国家の共謀』(角川新書)。ウェブサイト『Synapse』にて動画「古賀茂明の時事・政策リテラシー向上ゼミ」を配信中

「企業優先から、人と環境を大切にするという姿勢に転換して、新しいテクノロジー、産業を創造しないといけない」と語る古賀茂明氏


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【プラスチック製ストローはこの世から廃止!? だか、日本は断固反対!!】の続きを読む


 トイレで使う新しい発想のソープ「ももあわわ」が、クラウドファンディングサイトGREEN FUNDINGで目標金額の30万円を大きく超える400万円以上の支援を集める人気です。確かにこれは一度試してみたいかも。


【その他の画像】使い方

 リミットエイトとハンドレッドイノベーションによる共同開発で、「トイレの後、手はしっかり泡で洗うのにお尻はなぜ泡で洗わないのか?」という疑問から誕生。トイレットペーパーとトイレ用シャワーだけでは落とせない汚れを落とすための、お尻専用ソープとなっています。


 使い方は、トイレットペーパーを少し多めにとり、そこに「ももあわわ」を2~3プッシュして泡をのせ、優しく拭き取るだけ。人によってはその後にトイレ用シャワーで洗い流してもよさそうです。

 ただ拭くのと比較すると汚れの落ち具合が違うので、「拭きすぎて血が出て痛い」「痒みやかぶれ」といったデリケートな悩みも解決できるとのこと。それ以外の面でも、気になる匂いの除去や細菌の繁殖を防ぐ効果も。また赤ちゃんや家族みんなで使えるよう、肌に優しい設計になっているとしています。


 種類は「300ml家置き用タイプ」と「50ml携帯用タイプ」の2つ。先行販売となるクラウドファンディングでは、一般小売価格より20~38%オフで購入でき、7月28日現在「ももあわわ大・小セット(1本ずつ)」が3500円で手に入ります。期間は10月5日まで。

ももあわわ


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【新しい時代の到来「お尻専用ソープ」人気を集める!!!】の続きを読む


 なんでもざっくばらんに語り合う男同士でも、意外とまわりがどうしているのか知らない男のアンダーヘア事情

 自然なままでいいのか、それとも処理したほうがいいのかと考えたことがある人もいるだろうし、そもそも男がアソコの毛を脱毛・剃毛するなんて、発想自体が今までなかったという方も少なくないかもしれない。昨今ではハイジニーナ(股間を無毛にする)をもじった“ハイジ男子”なる言葉が登場し、処理する男性が増えているとも言われているが……。

 しかし極論、アンダーヘアを脱毛・剃毛すべきかどうかを男が何人集まって議論したところで、“正解”にはたどり着けないのではないだろうか。実際に気になるのは、リアルな女子の意見だからである……!

 ベッドインした際に意中の女子に下半身を見られ、「なんか……キモい!」とドン引きされる可能性は充分あり、そうなってしまっては人生における一大事にもなりかねない。そこで今回は、日刊SPA!取材班が全国の20代女性100人に、男性のアンダーヘアの処理についてのアンケートを実施した。

◆男のアンダーヘア処理について、女性は賛成6割・反対4割

====================
Q1.「男性がアンダーヘアを脱毛・剃毛することをどう思いますか?」(1つのみ選択)

・いいと思う(19人)
・どちらかといえばいいと思う(41人)
・どちらかといえば嫌だ(27人)
・嫌だ(13人)

=====================

「いいと思う」、「どちらかといえばいいと思う」を合わせた“脱毛・剃毛賛成派”が6割。「どちらかといえば嫌だ」、「嫌だ」を合わせた“脱毛・剃毛反対派”が4割。

 この結果について、恋愛相談サービス「LINE トークCARE」のカウンセラー1位(2018年6月度)で恋愛コラムニストの堺屋大地氏に、解説してもらおう。

「『ハイジニーナ』が女性芸能人たちの間で流行したせいもあり、ここ10年ぐらいで女性のアンダーヘア処理への意識は格段に高まった印象。今や20代女性ではアソコの毛を脱毛・剃毛するのは常識になりつつありますからね。20代女性でもまったく手入れしていない人もいますが、それでも“したほうがいい”という意識を持っているのは間違いない。


 そんな20代女性たちの6割が、男性に対しても脱毛・剃毛したほうがいいと考えているのは、当たり前と言えば当たり前。むしろ“脱毛・剃毛賛成派”の割合は、これからまだ増えていくのではと予想しています」(堺屋氏)

◆どの程度の脱毛・剃毛だったらOK?

=======================
Q2.「どの程度の脱毛・剃毛だったらOKか?」(1つのみ選択

・ツルツル(無毛)(11人)
・適度に毛量を減らす(49人)
・毛の形を整える(31人)
・なにも処理しない(9人)

=======================

 この結果について堺屋氏は次のような見解だ。

「ツルツル(無毛)は、いわゆる昨年ぐらいから登場した言葉である『ハイジ男子』ということですが、この全剃りを許容できる女性は1割程度と少なめ。さすがに男のアソコまわりがツルツルということには、まだまだ違和感がある女性が多いということでしょう。適度に毛量を減らすと毛の形を整えるの合計が8割だったことを考えると、大半の20代女性が男性に望むアンダーヘア処理は、“ほどほどがいい”ということですね。

 余談ですが僕自身もアンダーヘアは一応処理しています。といっても数週間に一度、お風呂に入ったときに、自らハサミで短かめにカットして整える程度。ほんの数分で終わる作業ですが、それだけでもだいぶスッキリするので、清潔感が増して見えますよ」(堺屋氏)

◆脱毛してほしい箇所は、V・I・Oがほぼ同率

=======================
Q3.「男性に脱毛してほしい箇所は?」(複数回答可)

・Vライン(ビキニライン)(37人)
・Iライン(性器まわり)(31人)
・Oライン(肛門まわり)(37人)
・してほしくない(37人)

=======================

「アンダーヘアの脱毛は、脱毛(除毛)クリームなどを使えば自宅でも可能ですが、肌荒れなどのリスクを極力なくしたいのであれば、やはりエステで処理してもらうのがベターでしょう。とはいえ4割近い37人の20代女性が、してほしくないと回答していることからもわかるとおり、脱毛までは望んでいないという女性もけっこう多いのも事実。脱毛をしようか悩むようであれば、自分のパートナー女性が肯定派か否定派かを聞いてから決めるのが、一番手っ取り早そうですね」(堺屋氏)

◆“脱毛・剃毛賛成派”の20代女性たちのホンネ

 では“脱毛・剃毛賛成派”の女性は、なぜ賛成なのか?Q1で、「いいと思う」と回答した20代女性の意見をいくつか紹介しよう。

「清潔感を保つためには必要だと思う」(23歳・新潟県・会社員)

「毛があると邪魔だし不衛生に思える」(22歳・茨城県・学生)

「かっこよく見えるし地味に流行りだから」(28歳・岩手県・会社員)

「毛がありすぎるのは嫌だから」(27歳・広島県・パート/アルバイト)

「外国の人はしっかりケアしている。もちろん清潔感もある。あと、女だけ毛を処理する理由がわからない。男もエチケットとしてするべき」(21歳・愛知県・学生)

 続いて“脱毛・剃毛賛成派”の穏健層である、「どちらかといえばいいと思う」と回答した20代女性たちの意見。

「海外では主流と聞くし、特に抵抗はないです」(29歳・神奈川県・会社員)

「自分も毛深くて気にしているので、男の人も同じように悩んでいる人もいると思うから」(29歳・佐賀県・派遣社員)

「ムレにくそう」(25歳・東京都・自由業)

「毛むくじゃらよりはきれいにしているほうが、好感が持てるので」(26歳・神奈川県・会社員)

「ものすごいツルツルとかじゃなかったら受け入れられる。私より一生懸命にこだわってたりすると、ちょっと怖いかもしれないけど(笑)」(26歳・愛知県・会社員)

◆“脱毛・剃毛反対派”の20代女性たちのホンネ!

 お次は反対に“脱毛・剃毛反対派”の急先鋒である、Q1で「嫌だ」と回答した20代女性の意見をいくつか紹介したい。

「毛が濃いほうが好きだから」(24歳・和歌山県・専業主婦)

「男の人は自然のままでいいと思う。ツルツルのイメージがないから少し引いてしまう」(26歳・大阪府・会社員)

「不自然で気持ち悪っ」(28歳・東京都・医師/医療関係者)

「ケアする必要がない。女性的な感じがして嫌だ」(26歳・愛知県・会社員)

「毛が好きだから」(29歳・鹿児島県・専業主婦)

 最後は“脱毛・剃毛反対派”の穏健層である、「どちらかといえば嫌だ」と回答した20代女性の意見。

「毛があるほうが男っぽい」(20歳・兵庫県・学生)

「腕や脚や胸毛は脱毛してほしいが、アンダーヘアまで完璧にきれいだと引いてしまうから」(21歳・静岡県・会社員)

「女子より女子力高すぎても困る」(27歳・茨城県・契約社員)

「全くないのは男らしさが感じられないから」(25歳・神奈川県・会社員)

「自然な状態で構わない、いじらないほうがマシ」(29歳・埼玉県・パート/アルバイト)

 これまでの人生で、アンダーヘアの処理を一度もしたことがないという男性も多いだろう。実際にするかしないかはおいておくとしても、今の時代、男もアンダーヘアを処理する習慣が定着しつつあり、それを望む女性も多いということは、知っておいて損はないはずだ。<取材・文/日刊SPA!取材班>

【調査概要】調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニター(20~29歳女性)に対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。調査期間:2018年7月5日 有効回答者数:20歳から29歳 全国の女性100名

― 20代女子がドン引きする男 ―



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【女性に「男のアンダーヘア脱毛」について聞いてみたが、リアルな意見過ぎたwww】の続きを読む


 1年以上何も食べずに自分の脂肪だけで生き延びた伝説の男をご存知だろうか?


 米国のサイト「Snopes」(7月25日付)によると、1965年に極度の肥満だった英国人男性が1年と17日の医療的断食を行い、125kgの減量に成功したという。にわかに信じがたい話だが、ファクトチェックを専門に行っているSnopesによれば、これは間違いなく真実だというから驚きだ。


【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/07/post_17648_entry.html】


 この話が事実であることは、この男性(通称:Mr. A. B.)について書かれた1973年の症例記録が残っていることからも分かる。それにはこうはっきりと書かれている。


「数年前、極度の肥満症の若い男性が治療を申し入れてきた。当初は、この男性を長期に渡って断食させる意図はなかったが、環境によく適応し、また、“理想の”体重へ早く到達したいという彼の意欲のため、彼の断食は世界最長のものとなった。382日間の断食中、彼の体重は206kgから81kgにまで減少した。排泄は37日~48日間隔だった。断食終了から5年後もMr. A. B.は88kgを維持している」


 それにしても、いくら真実の話であるとはいえ、本当に何も食べずに1年間も体に蓄えた脂肪だけを消費して生きていくことができるのだろうか? オーストラリアのカール・クルツェルニック医師が「abc news」(2012年7月24日付)で、そのことを説明している。


「一度食事を止めると、体は血中や肝臓のグルコースからエネルギーを取りますが、8時間ほどでグルコースは枯渇します。その後は、肝臓や筋肉に貯蔵されているグリコーゲンと呼ばれる化学物質が消費されます。グリコーゲンは簡単に分解され、グルコースになります。36~48時間はグリコーゲンが消費され続けます。2~3日後も断食を続けると、脂肪がエネルギーに分解されます。脂肪は(グルコースに変換される)グリセロールと(ケトンに変換される)脂肪酸に分解されます。すると、あなたの体はグルコースとケトンをエネルギーに変えて、脂肪が枯渇するまで動くことができるのです」


 もちろん極端な断食にはリスクもある。欧米でも60年代~70年代頃に断食ダイエットがかなり普及していたようだが、死者も出たことで徐々に衰退していったという。長期的な断食に臨むなら医師の監督の下、適切に行う必要がある。Mr. A. B.も断食はほとんど自宅で行ったが、医師が定期的に血中のグルコース量や尿を検査し、健康状態に合わせてカリウムやナトリウムなどのゼロカロリーのサプリメントが与えられていたそうだ。


 最後に症例記録の執筆者は「Mr. A. B.の誠実な協力と普通の体型を取り戻すために確固とした意志でタスクを遂行したこと」に感謝の言葉を口にしている。だが、そもそも1年間の断食に耐えられるような人であれば、他のもっとマイルドなダイエット法でも減量に成功したのではないだろうか……。これほど意志の強い人が206kgまで太ってしまったことがこの話の最大の謎だろう。
(編集部)


※イメージ画像は、「Thinkstock」より

イメージ画像は、「Thinkstock」より


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【伝説】382日間断食してダイエットをした男の話。】の続きを読む


 仕事は激務な割に薄給、家に帰ってもヒステリックな妻からあーでもないこーでもないと文句を言われ……

どこかに疲れた心を癒してくれる女性はいないものか。男性であれば、一度は不倫に憧れたことがあるだろう。とはいえ、そんな勇気もないという人がほとんどではないか。では、実際に不倫をしてしまった男性はどうなるのか……

◆バイトの女子大生に手を出したファミレス店長の末路

 都内某所のファミレスで店長をしている佐藤章雄さん(仮名・32歳)の歴代の彼女は、なぜか“メンヘラ”と呼ばれるタイプばかりだった。

「高校生の時に、生まれて初めて出来た彼女も……大学時代の年上の彼女も……社会人になりたての頃に出来た年下の彼女も……なぜか全員、ブチ切れるツボが全く分からない地雷のような女でしたね」

 別れ話になるたびに揉めに揉め「死んでやる!」と道路に飛び出したり、大雨の中びしょ濡れになりながら佐藤さんの家の前で待ち伏せしていたり、数々の怖い思いをしてきたのだとか。

 佐藤さんは30歳の時に、付き合っていた彼女が妊娠してしまい、できちゃった結婚をすることになる。とはいえ、嫁になった女性もやはりメンヘラ気味だ。

「彼女は、もともと情緒不安定でしたが、妊娠中はさらにヒステリックになって恐ろしかったですね。夕食の時にテレビのバラエティー番組を見てちょっと笑っただけで『集中して食べられないぐらいマズイってこと?』と怒鳴り散らして、食べている途中の素麺をゴミ箱にブチ込んだりするので全くリラックスできないんですよ」

 嫁は、佐藤さんが浮気するんじゃないかと疑心暗鬼になり、LINEは即レス、着信があれば3コール以内に出ないとブチ切れされる……ガチガチの束縛を受ける日々を耐え忍んでいたという。

 そんな時に佐藤さんが店長を務めるファミレスに、Rさん(20歳・女子大生)がアルバイトとして入ってきた。

「明るくてサッパリした性格のRは、すぐにバイト仲間とも打ち解けて……一服の清涼剤的存在で、見ているだけで癒されましたね」

 彼女の歓迎会を開く運びとなり、慣れないお酒で具合が悪くなってしまったRさんを佐藤さんが家まで送ることになった。そんな時に、ある事件が起こる。

「夜道を一緒に歩いていると、いきなりRが『具合が悪いなんて嘘です。ただ店長と2人きりになりたかっただけ』なんて言うんですよ。も~、ビックリしましたし……めちゃくちゃドキドキしました」


 激務のストレスや妻に束縛されている鬱憤……全てを晴らすように、2人は不倫関係に陥っていった。

「あんなに苦痛だった妻の束縛でさえ、ゲーム感覚でこなせるようになってしまって。Rの部屋に通いまくりましたね」

 そうこうしているうちに妻が出産。いざ産まれてみると、やっぱり子どもは可愛いし、妻のサポートなど何かと忙しくなった。次第に、佐藤さんはRさんにあまり連絡しなくなっていったという。

「Rから『私とは遊びだったの?』『会いたい』『奥さんより私の方が好きって言ったよね?』と鬼のようにLINEが届くようになって。携帯はブルブルしっぱなし。明るくてサッパリしたタイプだと思っていたRもやっぱりかと……」

 当然、怪しく思った妻が「何、そんなにブルブルしてるの?」と佐藤さんの携帯をサッと奪い、Rさんからのメッセージが見られてしまったというのだ。

◆浮気がバレて妻が狂乱、離婚の流れに…

「ブチ切れた妻に鉢植えやリモコンなどを投げつけられながら、必死になだめたのですがダメでしたね。部屋をめちゃくちゃにしながら暴れに暴れて、赤ちゃんを置いたまま出て行ってしまいました。まぁ、浮気なんかした僕が悪いんですけどね」

 それから、佐藤さんと子どもの2人暮らしが始まった。現在は佐藤さんの母親に手伝ってもらいつつ、子育てに奮闘中だという。

「妻とは、離婚に向けての話し合い中です。今では本当に傷つけてしまい申し訳ないことをしてしまったなと思っています。そして、僕の未熟さが原因でこの子にお母さんがいないことが可哀想で……罪悪感でいっぱいですよ」

 ちなみに不倫相手のRさんは、あれからすぐにバイト仲間のYくん(大学生)と付き合い始めて、佐藤さんのことはもう眼中にないそうだ。

「最初は、ひとりで子育てなんて出来るかな? と不安だったんですが…今まで散々女の人達に振り回されてきたので育児なんて全く苦に感じませんね(笑)。純粋に、オムツが濡れたりお腹が空いて泣くのなんて可愛いものですよ。もう今後、女はこの子だけでいいですね。母親がいないぶん、精一杯可愛がりますよ」


 一時の気の迷いでシングルファザーになってしまった佐藤さん。幸か不幸か、女性たちに鍛えられた鋼のメンタルで子育てに勤しんでもらいたいですね。<取材・文・イラスト/鈴木詩子>



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【店長と女子大生バイトの不倫恋愛…  その末路が残酷すぎた。】の続きを読む

このページのトップヘ