時間外労働は月80時間が「過労死ライン」と呼ばれている。月20日出勤だと、1日4時間以上残業するとこのラインを超えることになる。

しかし残念ながら実際のところ、このラインを超える人も少なくはない。過労死ラインを超えるという人は、どのような仕事を行い、どのような心持ちで働いているのだろう。


キャリコネ会員・キャリコネニュースSNSフォロワーから寄せられたエピソードの中から、「残業100時間以上」に注目。今回は「なぜそれも働けたのか/働いていたのか」に関する体験談を紹介する。


「終わらないのであれば、やるしかない。覚悟を持てるかどうか」

実録!残業100時間超の世界

事務・管理職の30代男性は「1か月の総労働時間280時間、残業120時間程度が1つの山で肉体的な疲労感が積もりますね。でも140時間程度を超える頃には辛さは減っています」という。

男性曰く、スケジュールを見通し、比較的に楽なときから残業に身体を慣らすなどすれば「繁忙期などに備えることもできる」といい、「そこまで大変だとは感じていない」と語る。長時間労働については「擁護するつもりは無い」と述べるものの、

「終わらないのであれば、やるしかない。覚悟を持てるかどうかではないでしょうか。『甘えだ』とかは言いたくないけど、仕事を完遂させる義務があると思います。やれないのであれば早々に周りを味方にし、助けてもらう環境を作るべき」

とした上で、「やっていけるやり方を考え悩んで、そこに努力をするべきではないのだろうか」とコメントしていた。かなりの根性論だが、そうしないとやっていけない環境なのだろう。


「しんどくても、日にちが経つと慣れる」「土曜日15時間睡眠」

「繁忙期は残業100時間超当たり前」という技術職の30代男性も、「忙しくなり始めたときはしんどいな、と思うのですが、日にちが経つとその感覚がマヒして深夜までの残業に体が馴染んでしまいます」とコメントしている。

「さすがに3か月連続100時間超えたときは、常に独り言を呟きながら仕事していましたね。今なら『精神崩壊していたのかな?』と思えますし、無理な残業は身体に良くないと思いますが、当時は『帰っちゃうの?』という空気や、上司の評価を下げたくないとかがありました」

また「残業120時間を超えて働いていたことがある」という営業の20代男性は、「1日に3時間ほど眠るより、 2日に1回、6時間寝る方が建設的だと思い、働いていました」という。

しかし土曜日15時間睡眠、日曜日の夕方から買い物というサイクルが出来上がってしまった。外出が好きだったというが「連休があっても外出する気には全くならなかったですね」。残業100時間超は生活を蝕み、普通の休日すら過ごせなくなるようだ。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

土曜日に15時間睡眠で、日曜日に買い物が出来るっていうことは完全週休2日制じゃねぇかwってことは平日が9時出社計算でも22時くらいに帰るということになるから、それぐらいの企業なら山程あるだろうw


劣悪な環境に慣れるだけならいいけど、それをスタンダードと思い込み他人を引きずり込んだり問題を矮小化する奴になったらもう害悪そのもの。


ゼネコン現場だったが、月から土は6:00~25:00、日曜は平日できなかった仕事収入はいいがなんのために働いているかわからなくなるよ


4勤2休の3交代とかも働いてみれば分かるが、実質「実勤務4以上(残業含む)・休1.5日以下(睡眠時間調整含む)」だからね。休みの日にしなければいけない自分の雑務含めれば1日以下。これは残業に含まれないが、これも今の日本の過労死・鬱原因のひとつで未だに認知度が低い。


そして近々このハリボテな残業規制を完全撤廃する法案が通るんだよなぁ…安倍ちゃん一押しで


最終的に周りの景色が全部グレーに見えて仕事と死ぬことしか考えられなくなるから、そうなる前に誰でもいいから助けを求めること。じゃないと「疲れた・・・」って言ってベッドに飛び込むように電車に飛び込むことになる。


これが所謂「スタイリッシュ臨死体験」ってやつか。


管理職は労働環境が違い過ぎると誰にも相談できないし、理解もされないんだよな。職場の人間は超人か何かともてはやし、家族は頭がおかしくなったか、嘘をついてると笑ってきたりな。以来、時間と労力とコスト節約に不利益な部下は即クビ、家族とは表面上の付き合いのみで済ましてる


ある居酒屋で。若手社員と上司の攻防。「俺らの若い頃はお前らの倍残業してたんだぞ!それで金くれなんて言わなかった!」「その分の利益はどこ行ったんですか?」「それは・・・先行投資?」「先行投資して仕事が効率化されてない、同じ分残業しろって、それ無駄金だったと違います?」


何か業界を書いたら炎上するからやめておくけど、何か当たり前なんだよなぁ。残業100時間。普通に一か月休みない月もある


日本中の会社が一斉に大型コンピユータを導入し始めたた頃は、システム部門はどの会社も残業時間が月平均100時間を超えていたな。労基も特殊部門として黙認していた。何より日本が世界に追い付け追い越せの時代で、開発に熱中していて充実感があり辛いとは思わなかったな。ユーザー会などでも、どこも同じような状況を確認しあい笑いあっていたな。


問題はコレ、残業代全部貰っているの?それもこの先制限掛かるんだよ。


いや、劣悪な環境で働いてそれを受け入れている時点で病気だよ


残業代はリミットがあったが、今の限度からみたらかなり多くもらえたな。基本給より残業料のほうが多いとかww ただ、税金はバカみたいに取られたなww あと、残業料をケチったり無謀なノルマを課す会社は、すぐ技術者や要員に逃げられて、プロジェクトがつぶれたりしてたなww


今の仕事が1年で平均月120時間以上の残業付いてる(残業が30分刻みの為、実際はもっとw)けど、単休の日曜は確かに動く気すらおきないねwちなみに、仕事中に休憩は取れないw飯食えればラッキーw 我ながらクソ仕事だわw紹介だから1年我慢したけど、そろそろ辞めたいw


本当に健康被害が一切ないのなら昔から伝わっているはず。そうでないってことは何かしら問題があるってこと


くだらんな。仕事をするためだけの人生に何の価値がある?馬鹿みたいな労働をこなしてる俺すごいでしょってか


仕事ぱっぱと終わらせても「みんなやってるんだぞ?」とかいって一緒に残業させようとする害悪上司が沸いてますしおすし


土日が定休日の仕事って超絶ホワイトだと思うんですけど。真のブラックは週一で休めればいい方だし。


減私奉公がこの国のスタンダードになりつつあるな、何でもかんでも自己責任を高らかに叫んでるお猿さん達は自分が減私奉公に加担してる事に気づいているのかねえ




こうゆう記事みてるといつも思うけど、なんでそこまで必死に働くんだ?その仕事が好きならまだ分かるが、多分命をかける程好きな人はほとんどいないと思う。
よく言えば責任感があると思うかもしれんが、それは完全に麻痺ってる考え方だ。