アサガオruiruito/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)

夏の風物詩として広く愛されるアサガオ。そんな花の名前を持ち出し、女児に声をかけた不審者が目撃され、ネット上で話題になっている。

 

■「まだアサガオって咲いているんだね」

日本不審者情報センター」によると、目撃されたのは11日午前11時20分頃。場所は神奈川県横須賀市だ。

警察によると、女児らが遊んでいたところ、30〜40歳程度の無精ひげをはやした男が「まだアサガオって咲いているんだね」と言いながら、下半身を露出してきたという。

 

■「キモい」「気持ち悪い」

この報道に対し、ネット上では「キモい」の声が相次ぐことに。

アサガオで何を言いたかったんだろう…

 

・朝立ちしてるの見せてアサガオとか気持ち悪すぎる

 

・ナニからナニまでキモいな…

■詩的、ゆえに悪どい

また、「詩的な変態だ」といった声や「そんな台詞まで用意するあたり悪どい」など、わざわざかける言葉を選んでいたと思われるからこそ「悪質だ」と考えた人たちも。

・詩的な変態だ

 

・仮性包茎を露茎したくてたまらなかったんだろうな

 

・そんな台詞まで用意するあたり悪どい

 

■不審者に声をかけられたことある?

しらべぇ編集部が行なった調査では「不審者に声をかけられたことがある」と答えた人は、各年代で2~4割程度。男性よりも女性のほうが経験率が高く、最高値は30代女性の44.7%だった。

不審者に声かけられた

いかに不審者が、身の回りによくいるかがわかる。

 

女児たちに怖い思いをさせることは、決して許される行為ではない。一日もはやく見つかり、御用になることを願いたい。

・合わせて読みたい→文科省、重いランドセルに「置き勉」認める 「てかランドセルいらなくね?」の声も

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年10月19日2018年10月22日
対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)

「まだアサガオって咲いているんだね」と女児にイチモツ見せた不審者 「詩的な変態」と悲鳴


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

蒼天航路の諸葛亮かな


「来世は道になりたい」「我ながらやばい扉を開けちゃうかな」「やばいと思ったが性欲を抑えきれなかった」なぜ変態は下手なコピーライターよりも心に残るフレーズを生み出すのか


まだアサガオって咲いているんだね(ボロン)


その子、朝顔まで嫌いになったろうな。


女児と全国のアサガオに謝れ


咲いてなくて蕾のまんまじゃねーか


男「綺麗に咲いたアサガオ、見てみる?(ボロン)」


そんなアサガオ裂いてしまえ


こんな時にはね、本物のキチガイが良く現れるものなのさ


朝顔(小便器の別名)からの連想で尿意を催したのだ(強引


アサガオ(男性用小便器のこと)とかけたのかな?


アサガオ見せたろか


そのイヌノフグリしまえよ


変態番付に載りそうな事例


見しおりのつゆわすられぬ朝顔の花のさかりは過ぎやしぬらん…むぅ


LOのキャッチコピーもさすがに本物のロリ犯罪者が吐く言葉の破壊力には勝てない。


朝顔に夜露の雫落ちる朝。夏の名残りにまだ思い出に変わっていない記憶が痛む。皆様いかがお過ごしでしょうか。私は全裸です。


摘まなくっちゃ…!(使命感


もう二度とアサガオ見れないねぇ


アザゼルさんの変人48面相思い出したw




こいつキモすぎるだろwww
なんでちょっとカッコつけてるんだよ www