度々問題になっている「女性の貧困問題」ですが、貧困に陥ってしまう女性にはある特徴があるようです。

写真はイメージです(以下同じ)

 今回紹介するのは「学生時代からの友人が貧困になってしまった」と語る結子さん(仮名・32歳)。結子さんが語る、「友人が貧困に陥ってしまった理由」とは一体何なのでしょうか?

◆チヤホヤされるお姫様だった親友

「私の高校の親友でマイ(仮名)という子がいるんです。マイは顔も可愛くて少し天然キャラということもあり、昔から男の子にモテていました。マイはどちらかというと何もできないお姫様タイプという感じで、私は割とテキパキとしているので、マイの相談によく乗ったりしていましたね。

 大学に進学するとマイはさらに可愛くなり、雑誌の読者モデルをしてますます男の子にチヤホヤされていました。大学時代もマイとは仲良くしていたのですが、私はこの頃から海外に興味を持つようになり、夏休みを利用して語学留学へ行ったりしていたので今までのようにマイとずっと遊ぶということはなくなっていたんです」

 大学卒業後は英語を生かせる仕事をしたいと思い、留学コーディネーターの仕事に就いた結子さん。すると、驚くことにマイさんも同じ会社に就職したそうです。

『私も結子と同じ会社がいい!』と、マイも入社してきたんです。嬉しかったけれどちょっとビックリしましたね。というのも、マイは英語の成績はあまり良くなかったはずなんです。配属された部署を聞いてみると英語をほとんど使わない受付と言っていたので、恐らく見た目で採用されたんだと思います。

 いざ入社してからは、現地の語学学校へ視察に行ったり、提携先の学校で日本人が好きそうなお店を調べたりと、すごく楽しかったです。一方、マイは私と仕事が一緒になることはほとんどないまま受付だけをこなし、いつも定時に上がっていたそうです」

◆受付嬢を寿退社したのはいいけれど……

 そんなある日、マイさんは突然“寿”で会社をやめることになったのです。

「聞くと、合コンで知り合った10歳年上の外資系会社の重役と結婚することが決まったようです。まだ入社して2年ほどしか経っていないので驚きましたが、マイならあり得るなと思いました。マイが抜けたこともあり、私の仕事はさらに忙しくなりました。それでも時間を空けて結婚式には参加しましたね」

 それからも仕事にやりがいを感じ、忙しい日々を送っていた結子さん。30歳の節目を迎えた頃には長く交際していた彼と結婚。その後、出産し1年の育休を終えて仕事に復帰しました。育児と仕事の両方を頑張る中、先日マイさんから久しぶりに連絡があったそうです。

「ここ数年は海外出張が多くあまり連絡を取っていなかったので、何があったんだろうと思いました。話を聞いてみると離婚したと聞いて驚きましたね……。離婚理由を聞くと、マイの旦那は若いコが好きでキャバクラガールズバーの女の子と浮気してたそうです。

 一度、浮気のことをマイが問い詰めたら、『最初は何もできないところが可愛いと思ったけれど、30歳になって何も変わらないお前とはもう無理だ』とハッキリ言われたそうです。それを聞いてマイもヤケになって外で遊ぶようになり、半年前に離婚したそうです。子供はいなくてお互いの浮気が原因なので、慰謝料もそれほどもらえなかったようです」

◆「お金か食べ物を恵んでくれない?」

 結子さんにはさらに心配なことがあるといいます。

「マイは離婚して再就職を考えたらしいのですが、社会人経験も資格もないので受けるところすべて不採用だったらしいのです。今は30代でも働けるキャバクラアルバイトをしているらしいんですが、可愛いだけが取り柄で大した会話もできないと言われ、出勤すら削られているようです」

 つい先日にはメールで「風邪をひいて病院に行くお金も食べ物もないんだけれど、何か恵んでくれない?」と来て心配になったという出来事も。

「行ってあげたい気持ちはありましたが、夜中だったし子供がまだ小さいので行けませんでした。あれから連絡しても返事がないので正直、安否すら心配な状態です」

 若さや美貌だけを頼りに何もしてこなかった女性は、歳を重ねて一人身になったときに貧困に陥りやすいといいます。マイさんが無事であることを願うばかりです。

貧困女性の実態 vol.4―

<文/結城>

【結城】
恋愛ライター。鋭い視点で世の男女を観察し、 夫婦問題からイタい火遊びまで、幅広いエピソードを華麗に紡いでいく。Twitter@yuki55writer



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

史記呂不韋伝第二十五「吾之を聞く『色を以て人に事ふる者は、色衰ふれば愛弛ぶ』と」容色でもって人にチヤホヤされていた人は、当然容色の衰えと共に相手にされなくなる。2200年くらい前には言われてることだけど現代でも理解していない人は多い。まぁなんか投稿者も若干「ざまぁ」と思ってそうだし、なんだか後味の悪い話ですなぁ。心配なら書き込んでないで連絡すりゃいいし。


まーた対立煽りの糞記事か


チヤホヤされて何にも考えなくて生きてきたんだろ。ざまあ見ろ


アホの末路は男も女も大して変わるまいて。


可愛いだけが取り柄だと何かあった時に困るという主旨なんだろうけど、問題としている可愛いだけが取り柄の子は、そもそもこういう記事を読まないだろうと思うので、結局毒にも薬にもならない




この投稿者、親友とかいいながら今まで絶対妬んでただろwww
本気で心配なら家まで行ったりするとおもうけどなー。