【元記事をASCII.jpで読む】

 ここしばらく、スマホ業界で話題になっているのが“折りたたみスマホ”だろう。

 折りたたんでも開いても利用できる、いわゆる“2画面スマホ”は、過去にNECZTEが開発したが、今回の折りたたみスマホは、折り曲げも可能な有機ELパネルの特性を活かして、開いた状態では1画面になるのが前提のため、さらに大きく進化した感がある。


 そんな折りたたみスマホをいち早く公開(チラ見せ?)したのがサムスン電子だ。同社は7日(現地時間)に開催した開発者向けイベントSamsung Developer Conference 2018」でその存在をアピールしている。

 今回もう1つ注目したいのが、グーグルの担当者が前述のイベントに登壇するなど、折りたたみ型(foldables)のフォームファクタをAndroidのプラットフォーム上でサポートすると表明したことだ。縦長画面、ノッチに続く流れになるのか、2019年の1つのお楽しみになりそうだ。


折りたたみ型スマホは2019年のモバイル業界の主流になる!?


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

折りたためるモニタとか日本で作ってたり研究してた製品が日本製品が意欲的に突っ込んでいかずに海外から出てくるのは、戦時中の八木アンテナ思い出すね!


耐久性が怖い、保護フィルムもカバーも無理そうだし




折りたたみはないんじゃないか?
なんとなく時代を逆行してる感じだし、次は眼鏡型とか映画みたいに浮かび上がる感じだろーよ。