メキシコ中東部で、およそ100人の群衆が地元警察を襲撃し、警察官ひとりをその場で焼殺するという野蛮すぎる事件が発生した。

 舞台となったのは、イダルゴ州メテペックの警察署だ。傍観者が捉えた映像には、群衆がひとりの警察官を取り囲んで攻撃し始め、その直後その人物が炎に包まれる姿が映っている。


 さらに複数の警察官が、火をつけられた警察官と、棒や拳で暴行を受けているもうひとりの男性なんとか救出しようとする様子も収められている。火をつけられた警察官は、その場で死亡したという。

 焼殺されたのはこの警察署に勤務する警察官だったが、群衆らは彼が子どもを誘拐する計画を立てていたと

 地元検察は「このような行為を扇動したり助長させるようなことも、また犯罪である」との明を出し、焼殺事件に加担した者を割り出すと宣言している。


 同では、群衆が犯罪者に火をつける事件が多発中だ。

 今年5月には唐辛子調味料の名前としても有名なタバスコ州で、バイクを盗もうとした男性に群衆が代わる代わる暴行を加えたのち、体に火をつける事件が発生。幸い男性は一命を取り留めたという。

 また8月には、プエブラ州で150人近い群衆が警察署を襲撃し、拘留されていた2人の男性を引きずり出し、ガソリンをかけて焼殺するという事件も起きている。2人について児童誘拐の罪で拘留されているというウワサがメッセージアプリ上で広まっており、処罰感情を高ぶらせた群衆が暴徒と化し、行に及んだのだ。


 ところが、実は2人は前、泥酔状態だったところを住民によって通報されたために拘留されていただけで、いかなる犯罪にも加担していないことがのちに明らかになった。

 冤罪もいとわない人民裁判による「火刑」が横行している背景について、東京に住むメキシコ人留学生はこう話す。


メキシコでは法の腐敗や警察官の数が足りていないことなどから、悪事件を犯しても相応のペナルティが科せられないケースが多いんです。そのことが、治安の悪化を招いているという側面もある。犯罪者を自分の手で罰しようと群衆が暴走する背景には、こうした法不信、警察不信がある」

 メキシコ旅行の際には、犯罪はもちろん、そう疑われるようなことを決してしてはならない……。

群衆に取り囲まれ、暴行を受ける警察官。この直後、何者かが男性の体に火を放った


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

マフィアを人民裁判で*ないの?


まあロリコンは焼却されるな


疑わしきは火刑に処せ、か。魔女裁判じゃあるまいに


集団ヒステリーやな


最近日本がネット叩きで私刑してる状況のリアル版やなぁ。手は出してなくても頭の中身は一緒だと思いなおさないとイカンな。


メキシカンネックレスか、語呂合わせがよろしいようで


裏が取れていないし、一般論としても実際に子供を狙った性犯罪者も本物の小児性愛は少数派で、犯行を「成功」させやすい相手を狙っただけである。


司法不信にならないよう全世界気をつけましょう。ちゃんと仕事しろよオラァ!!


こんなんだから壁作られるんじゃ…


この内容なら「児童誘拐の疑いを掛けられた」であってロリコンとは読めない、現地報道にあるならきちんと書くべきだ。


LGBTは少数マイノリティである、ロリコンを擁護するんだよな?


治安と秩序の大切さが良く分かるな


どっかの誰かが群衆操作の実験でもしたんじゃないかと疑うくらいに見事な集団ヒステリーだ。


メキシコは相変わらずおっかない


ここも人の事は笑えんよ。特に中国朝鮮関連の話題になると急に攻撃的になるタイプのコメント。気持ちは理解できるけどいつかコメントを真に受けた「自称:正義の代行者」が出て来るか分かったもんじゃない。例え相手がどんな素性であったとしてもマーダーライセンスを所持出来るのは極々一部の選ばれた人間だという事をお忘れなく。


教育水準の高いはずの日本ですら情報操作で簡単に炎上して冤罪を連発するんだから、法治が弱い、現実に制裁が可能な環境になったらこうなるのは明らかよな。反面教師にすべき。


そもそも旅行に行きません




正義の名の下に行われる暴力が一番厄介